ニートの何がダメなのか理解に苦しむ

 

ニートの歩き方 ――お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法

ニートの歩き方 ――お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法

 

 

 

結論から言うと、ニートと言われているいわゆる親の金で生活している人たちは、親の金で消費をしていて、そこで使った金はほかの人に渡るので金が回っていることになるから、社会人として成り立っているんじゃないかと思う。

 

自分で働いて稼いだ金と親の金

 

金にいろなんかついてないし、親が稼いだ金であろうが自分で稼いだ金であろうが、どちらも同じだけの価値を持った金だろ。違うことがあるとすれば、所得税を払っているか否か。

 

でもこれだって親が金を稼いだときに所得税をすでに払っているんだから、その意味では所得税を払っているといえるんじゃないだろうか?

 

一つのパイをみんなで食い合うなら敵は少ない方がいい

 

就職できないとか仕事がないとかって話が出てもう何年もたつけど、仮にそうだとするなら就職しなくても食っていけるやつがいるんなら、おとなしくしててもらったほうが自分にとっては好都合じゃないだろうか?

 

仮に世の中のニートと言われている人たち全員が就職活動を続けているとしたら、俺だって今の生活が成り立っていたかどうか疑問だ。競争相手は少ない方が自分にとっては都合がいい。だって世の中には仕事をしないと食っていけない奴のほうが多いと思うから。

 

 

元ひきこもりニートがリアルに教える! 脱ニート完全マニュアル

元ひきこもりニートがリアルに教える! 脱ニート完全マニュアル