嫉妬を抑える方法

イケスムです。今日はパチンコで2万円負けてしまいました。財布に入っていたのが2万円で、2万円負けたということは、スッテンテンになったということです。本当は数千円だけやるつもりだったのに、いつも厚くなってすってんてんまでやってしまう。

 

さて、今回は嫉妬の話だが、なぜ嫉妬の話を書くのかというと、最近俺の嫉妬が収まらないからだ。具体的に言うと、俺は二人の人間に対して嫉妬をしている。一人はHという男で、もう一人はSという女だ。この二人がおれに直接何か嫌がらせをしたというわけではない。俺の欲しいものを俺がやろうとしている手段で手に入れたのが嫉妬の原因だ。ちなみにHという男は、最初からちょっとおれをなめている気配はあった。

 

嫉妬していると都合が悪い。何故ならば、気分が悪いからだ。吐きそうとかそういう意味での気分が悪いという意味ではなく、なんかイライラしちゃったり悲しくなったりして、その結果うまくいくようなこともうまくいかなくなりそうだ。なので一刻も早くこの嫉妬という感情を捨て去りたい。

 

そこでちょっと調べてみたんだけど、結論をざっくり言うと嫉妬という心を捨てるためには、自分が嫉妬しているなと思ったらそこから意識をそらす癖をつける以外に方法がないような感じだった。考えてみりゃそうだよね、一種の記憶なんだから、記憶が消えるわけないし。

 

今俺は二人に対して嫉妬をしている。そのことばかりを考えている。不愉快だ。そんなときこそ、自分の目標のことを考えたり、心をそらすんだとか。「あいつらにはできて、俺にはできなかった」と考えるのではなく「また別の方法で俺は這い上がろう」みたいな感じにするらしい。そういった考え方に帰る習慣を作っていく。

 

そうすると嫉妬が消えるらしいよ。

「ドロドロした嫉妬」がスーッと消える本

「ドロドロした嫉妬」がスーッと消える本