区議会議員選挙で立候補してみたいと思った

イケスムです。集めた税金をどう使うのか?は政治の仕事ですね。お前のうちの前のドブに蓋をするのか、あの小学校の前の横断歩道に信号機をつけるのか、限られた予算を何に使うのかを決めることができる。未来に投資をするという意味では、ドブに蓋をするために金を使うよりは、小学生を守るという意味でも信号機を取り付けたいと僕は思います。

 

▼今回の統一地方選挙でちょっと話題になってた選挙カーなんですが、その効果について詳しく書いてあるブログを発見しました。

sirabee.com

 

なぜ名前を連呼するのかとか、色々なデータを基にその理由と効果がかかれていてとても面白いです。もし自分が立候補するなら、やはり選挙カーを使って大声で自分の名前を連呼したいとおもいました。やはり立候補するからには勝ちたいし、勝たなければ冒頭に書いた僕の政策を実行することはできませんから。

 

ところでニートが立候補した話も話題になりました。あの人はポスターに自分の顔を入れてれば勝てたんじゃないかな?と思っています。その理由は、統一地方選挙では、若い人は相当強いからです。美人過ぎる市議会議員ならずイケメン過ぎる市議会議員みたいな感じで当選した可能性は十分あると思います。しかもあの方は立候補へのハードルを下げてくれたと思います。その意味では、今後たくさんの若い人が立候補してくれるといいですよね。

東大生が調べてみた! 本当は大事な区議会議員の選び方

東大生が調べてみた! 本当は大事な区議会議員の選び方