みんなが市議会議員を目指すことで未来が変わる理由

シグナルグラフ

イケスムです。とうとうゴールデンウィークが終わり、明日からまた社畜としてキャインキャイン泣きながら働く日が続くかと思うとどこかに逃げたくなる人もいるんじゃないでしょうか?そんな人生にガチで嫌気がさしているなら思い切って会社を辞めちまいましょう。お前が会社を辞めて無収入になってもだれも責任は取ってくれませんが、少なくともお前はお前の時間を手に入れることができるし、自分の時間を生きるということは人生を幸せにする方法であると思います。

 

【この話は、みんなが区議会議員や市議会議員にガチでなろうと努力をすることによって、色々な勉強をして政治が身近になり、つまり政治に詳しい人が増えて議員のレベルが上がり、その結果俺たちの未来はより良いものになるんじゃないかという話しです】

 

ところで統一地方選挙も終わりましたので、新しい区議会議員や市議会議員が誕生して、頑張ってる人は駅などで街頭活動をしていたりするのではないでしょうか?新しい人が議員になるということは、これまでと違ったか風という考え方が議会に入るという意味で、地域に変化が起こる可能性がるのでワクワクしますね。色々ななれ合いをなくすという意味でも新しい人が議員になっちゃうことはとてもいいことだと思っています。

 

てことで次の統一地方選挙に出てみないか?という話しです。市区議会議員て何やってるか知ってますか?多分知らん奴のほうが多いと思います。俺も知らんし。なんとなくこの町のためになることをやってるんだろうなと思うし、だからこそ税金から議員報酬が支払われているんだろうなと。その程度の人は少なくないと思う。俺もそうだし。国会議員はテレビで取り上げられているというのもあってある程度分かってる人は多いと思うけど。

 

なもんで俺たちも次の統一地方選挙の出馬をガチで考えよう。そのためにはまず調べるよな、市議会議員がどんな仕事をしているのかを。そうすると見えてくるものがある。何故あそこに信号機が付いたのか。何故あそこに横断歩道があるのか。それらにいくらかかっていてどの業者が請け負っていて、それによってだれがいくら儲かっているのか。

 

落選してもいいんだよ。もっと言えば出馬なんてしなくてもいい。ただ、ガチで出馬をするつもりでいることが大事で、ガチだからこそ勉強するしこの町のことを考えるだろ。ドブに蓋をつけるよりも近所の小学生の通学路に信号機を一つ付けたほうが、未来のためになるんじゃね?と、今まで考えたこともないようなことを考えるようになるかもしれない。それによって、仮に次の選挙で出馬をしないとしても、候補者を今よりも正しい目で選ぶことができるようになるし、選挙期間中に候補者に質問だってできるようになるだろ。

 

1.21人に1人が当選! “20代、コネなし”が市議会議員になる方法

1.21人に1人が当選! “20代、コネなし”が市議会議員になる方法