地震が下から突き上げると家が壊れる?

イケスムです。東日本大震災からもう何年も経つんですが、未だに余震の話があったりするし、関東周辺ではほかの地震の危険性も指摘されているのでちょっと心配だったりします。今日の地震は、揺れてから地震警報が鳴るといういわゆる強い自信が来るパターンだったので相当びっくりして外に飛び出しました。

 

ところで地震には大きく分けて横揺れ地震と縦揺れ地震というものがありまして、今日のは体感的に縦揺れ地震じゃないかと思っています。んで縦揺れ地震は家が倒壊しやすいという話を聞いたことがあるので、今日のような地震は結構嫌ですね。

 

まぁ縦揺れであろうが横揺れであろうがどちらにしても大きければ家が壊れる確率は上がるだろうって思う人も少なくないと思いますし、きっとそうだろうと僕も思います。しかし縦揺れ地震で家が壊れるという話しは、かなりリアルなのでちょっと書いてみます。

 

これは木造住宅の話で大工さんに聞いた話なんですが、家って土台の上に柱を立てるらしいんですが、その土台にがっつりとくぎやねじやボルトなどで柱を固定するという概念がない時代があったそうです。それも遠くない過去の話。これは、屋根には瓦とか重いものが載るので、柱を基礎にボルトで止めなくても重さがあるんだから大丈夫と言う考え方らしいです。

 

これは普通の地震の時には差がないのかもしれませんが、縦揺れ地震の時には下からどーんと突き上げるような大きな地震が来ると、一瞬柱がスポンと抜けるらしいです。なもんでそこから家が崩れてしまう。ちなみにこの崩れ方は一階部分が壊れて2階部分は平気だったりするらしいです。

 

こういったリスクを回避するために、最近の建築基準法ではぼる語で固定するようになっているらしいのですが、当然未だに古い基準で建てられた家もばりばり立っているわけです。だって家を建て替えたりするのってカネがかかるからそんなに簡単にできないでしょ。

 

まぁ大工さんから聞いた話を僕が信じているだけなんですが、論理的にありえそうでしょ。ではではー