読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

創味シャンタンでパスタを中華麺にしてみた

グルメ

イケスムです。本当にヒマでやることがなくてもお腹が空くもので人間とは不思議な動物だなと思います。そんなわけですから今日は、先日買ってきた創味シャンタンを使って絶品料理を作ろうというエントリです。皆さん聞いてびっくり見てびっくり、今回はイタリアンかと思いきやパスタを中華めんに仕上げちゃいます。僕ってすごいですね。

 

タイトルを見ればわかると思うんですが、用意するものは創味シャンタンとパスタです。これだけでひょっとしたら売れるかもしれないぐらいにうまい中華めんができますから驚いてください。ではここからは僕が料理中に皆さんのために頑張って撮影した画像を使って説明していきます。

 

 

▼これが噂の創味シャンタン。見るからに中華の王と言った感じです。

f:id:bejiro:20150526132500j:image

 
 
▼例によってテフロン加工がクソになったフライパンでお湯を沸かします
f:id:bejiro:20150526132509j:image
 
 
▼お湯が沸いたらパスタを200グラムゆでますが、この時僕はかっこつけて塩を入れたりしません。
f:id:bejiro:20150526132521j:image
 
 
▼麺が茹で上がったらザルにとります。湯切りってやつですね、わかりますか?
f:id:bejiro:20150526132534j:image
 
 
▼麺がなくなってすっきりしたテフロン加工がクソになってるフライパンにサラダ油を引いて創味シャンタンをスプーン一杯分ぐらいぶち込みます。
f:id:bejiro:20150526132546j:image
フライパンで麺をゆでるということは、麺を湯切りしてあとのフライパンはまだ暑いので、そのフライパンを再度使うときはゼロから温めなおす必要がないのでガス代の節約と時間の短縮になります。すげぇだろ、マネしていいぜ
 
 
▼油と創味シャンタンが入ったフライパンにパスタをぶち込んでよく混ぜます。
f:id:bejiro:20150526132553j:image
僕は200グラムの麺をゆでて大体スプーン一杯の創味シャンタンを入れたんですが、人によっては大飯ぐらいで300グラムとか食べる人もいると思います。その時はこの段階でフライパンで混ぜているときに味見をして創味シャンタンの量を調節しましょう。少なすぎても多すぎてもうまくありません。
 
 
▼完成!めちゃくちゃうまそうで皆さんのビビってる顔が見えてきそうです
f:id:bejiro:20150526132602j:image
 
 
▼テフロン加工がクソなフライパンの使用後はこんな感じ
f:id:bejiro:20150526132610j:image
 
 
▼イケスム流中華風パスタ
f:id:bejiro:20150526132617j:image
 
 
さて、今回の絶品料理を食べてみた感想ですが、めちゃんこうまいです。正直言って中華街のお店とかで食べるとこんな感じなのかなと思ったぐらいレベルの高いパスタでしたが、僕は中華街に行ったことがないのでそっちのことはよくわかりません。
 
創味シャンタンだけを入れて作るという猛烈に簡単な料理です。ポイントは創味シャンタンがちょっと高いことですが、結構大きいしたくさんの料理に使えますから宝くじが当たった時とかに買っておくといいかもしれません。ちなみに僕は、パスタの麺は常時切らさないようにしています。保存がきくし便利ですよ。
 
ではではー

 

創味シャンタンDELUXE 250g

創味シャンタンDELUXE 250g

 

 

 

味覇(ウェイパー) 缶 500g

味覇(ウェイパー) 缶 500g