読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

癌予防効果の高いキャベツの農薬が気になったので調べてみた

ダイエット・健康 グルメ

国産 キャベツ 1箱10kg

イケスムです。僕はめったに外食はしませんが、その理由は、外食では本来摂取しなければならない野菜などを必要量取るためには、結構なお金が買ってしまうからでして、自分で料理をしたほうがはるかに安く必要量を摂取することができるからです。

 

さて、僕がほぼ毎日のように摂取している食材の中にキャベツがあります。キャベツはがん予防効果の高い食材とされている上に比較的手に入り入りやすい食材です。なのでほぼ毎日のようにサラダにして食べています。

 

ところでぼくは、健康のためにキャベツを食べているので、その意味ではキャベツを育てる時に使っているであろう農薬などが気になったりします。仮に農薬がべたべたでそれが健康に害を与えるのであれば、本末転倒でキャベツ食わないほうがいいじゃんてことになりかねないからです。なもんでちょっと調べてみました。

 

残留農薬

調べていくと聞きなれない言葉が出てきたりするんですが、これはキャベツを育てる時に使っている農薬が残っていて、それを残留農薬と表現しているんだと思います。んで結論から言うと、キャベツは外側の葉に残留農薬のほとんどが付いているので、これを捨てちゃえばほぼ安心じゃね?ってことでした。

 

ただし、これはほかの部分は水洗いをしなくてもいいという意味ではないようでして、30秒ほど水にさらして洗うなどの一般的な野菜の洗い方で洗ったほうがいいということが書かれていたので、僕がこれまでやってきたことは間違いではなかったんだなと安心しました。

 

まとめ

なんとなく肉のほうが値段が高い印象があったりしますが、実は野菜を必要量取ると結構な値段になると思います。なもんでなるべく自炊でコスパ良く摂取したいところです。んでせっかく自分で作るんですからやっぱりきちんと洗って安心して食べるという意味では、一度自分で調べるなりしておけばその知識はその後も使えるので便利だと思います。