雨の時だけ楽しめる傘オサレの話し

【無償修理対象】 丈夫なグラスファイバー骨 撥水効果の高いデュポン社のテフロン加工生地 Lサイズ 70cm ジャンプ傘 (黒)

今週のお題「雨の日が楽しくなる方法」

 

イケスムです。いよいよ梅雨入りしそうな雰囲気になってきました。こうなったらとことん引きこもって一歩も外に出ずに毎日ゲームでもしてようなんて考える人が大半だと思いますが、僕はそんなに根暗な人間ではありません。明るい貧乏人です。

 

梅雨と言うのは、人間の力でどうにかできる話ではありません。その意味では、梅雨とは一種の運命であり、運命であるならばこれに従うほかありません。いや、ひょっとするとこれは一種の人間に対する挑戦であり、地球が我々人間にこの運命ともいえる現象に挑戦してみろと言っているのかもしれない。ならば俺が挑戦してつゆをシャットアウトして晴天にしてやる。

 

とまぁ考え方は色々ですが、今の僕に梅雨をどうこうできる力はありませんしやる気もありませんから、僕は梅雨を素直に受け入れまして楽しもうと思いますので、その方法を皆さんに教えたいと思います。

 

まず梅雨とは何か?それは雨が降りやすい時期です。雨とは何か?水滴が空から降ってくることで、これに当たると濡れますから外出の時にめんどくさいです。なもんで部屋に引きこもってゲームをやるということになりがちなんですが、考え方を変えればいくらでも外で楽しめます。

 

例えば、傘でオサレをすると考えた場合、雨が降ってるとき以外にはできません。雨が降るということは町中が塗れるという意味では、涼しくなる効果がありますので電気代もそこそこ節約できてエコです。晴れている日に映画に行くのは何となくもったいない気もしますが、梅雨ならば全力で見に行くことができますし、普段はめったに利用することのないタクシーだって雨を防げるうえに目的地まで早く着けるという意味ではお得感満載です。

 

さて、強引に「雨でも楽しい」について書いてきましたが、このブログの趣旨はもともと「つまらない事を楽しくできたら」がもっとうです。雨が降っていてどうしても出かける気分になれない時は、マクドナルドに行って100円のコーヒーを飲みながらブログを書いてみんなを楽しませようと言うのはどうでしょうか。

 

まとめ

雨が降って濡れるのはみんな同じなんだから、気にしないこったな。