ブログのネタの作り方をプロのライターに教えてもらったので暴露する

イケスムです。ブログのアクセス数がクソすぎてやる気が失せてくる時期に入ってきました。ちょうど関東にも梅雨がやってきそうな時期ですから、ジメジメするにはもってこいの季節なのかもしれません。ちなみにアクセス数がクソと言ってもどれ程くそなのか見てみないとわからない方もいるでしょうから下にキャプった画像を貼っておきますので見てバカにしてください。

 

▼池袋ブログのアクセス数

f:id:bejiro:20150608163931p:plain

1日平均PVが50ぐらいです。以前アクセス数をアップさせる方法を調べていた時に発見したブログに書いてあったんですが、ブログを始めたばかりの頃は右肩上がりでアクセス数が上がっていくと書いてありましたが、僕はブログをスタートしてからそろそろ50日目になるんですが、右肩上がりではなくて停滞、もしくは右肩下がり?になっているように見えます。

 

これはあかんということで、ブログのアクセス数を上げるためにまた一つ勉強をしてみました。今回は友人のライターの方から教えてもらったことを書いてみます。僕は友人にはこのブログの存在を一切教えていないので、このブログを見ての助言ではありません。なので記事を書くときの一般的な方法みたいなものだと思います。

 

気になることを体験してこい

さすがはプロのライターだなと思ったんですが、要するにネタがすごく大切なんだということです。ネタがないなら絞り出せとかそういうレベルではなくて、ネタを体験してこいということでした。これはいわゆる記事を書いて金を稼いでいる人の意見なので、その意味ではブログとはちょっと違う気もしましたが、人さまに読んでもらう記事を書くという意味では金を儲けているかいないかは関係ないので、そう考えるとほしんつ的な部分でもあるなと思いました。

 

ちなみにどんなことを体験してくればいいのか?という話しは色々としたんですが、はてなブログのルール上そこらへんのことは具体的に書けなかったりする部分が多すぎました。そうなるともともとはてなブログのネタとして使えねぇじゃねぇかって話しにもなりそうですが、気になることを体験してネタを作るという基礎的な部分は学べたきがします。

 

まとめ

僕はプロのライターではないのでネタのために金をかける気はないというそもそもの考え方がブログをつまらなくしているんだなと思いました。自分は爽やかな貧乏人なので無限に金をかけることはできませんが、おもしろいものを作るという基本的なことを常に忘れないようにしたいです。

 

それから僕にこのことを教えてくれた友人のT君、あんがんとん。お前がおれのブログの存在を知ることはないのでここにお前宛のメッセージを書いてもお前が読むことは絶対にないのだが、お前がプロとして文章を書き続けるコツを僕に教えてくれたことに対して本当に感謝しています。なのでこの次お前とあった時に僕はお前の油そばをおごってあげます。

 

マルちゃん 袋珍々亭 油そば 110g×10個

マルちゃん 袋珍々亭 油そば 110g×10個