クロスバイク買ったらケツが痛くなることに気づいた件

 イケスムです。現在の移動手段はもっぱら自転車です。そして先日、ついに新しい自転車を買いました。およそ10年ぶりの新車です。今回はクロスバイクというちょっと早そうな雰囲気の自転車を買いました。

 

f:id:bejiro:20150625174412j:plain

 

ネットで買わずに自転車屋さんで買ったんですが、車体は税込み27,800円だったかな?そこから保険や錆止め、カギ等を買ったので全部で32,400円だったと思います。この手の自転車にしては安いのかもしれませんが、僕にとってはかなり高価な買い物で、買った瞬間は無駄遣いをしてしまった感という罪悪感でいっぱいでした。

 

乗ってみたら別世界

クロスバイクのようにタイヤの細い自転車に乗るのは初めてだったんですが、いざ走ってみるとその軽さに驚きました。思わず「おーはえぇぇぇ」と言ってしまったぐらいです。これまで乗っていたチャリはボロボロのサビサビだったので、そこからのギャップもあるのかもしれませんがめちゃんこ快適です。

 

すんげぇ遠くまで行ってみた

自転車かったばかりでうれしいという気持ちと、新車で気分がいいという気持ちもあり、またびっくりするぐらい軽く走れるのでどこか遠くに行ってみることにしました。朝10時に自転車を買ってから夕方までひたすら走り続けたんですが、自転車でここまで移動できると普段見ることのできない景色が見れるので本当に楽しいですし、今では無駄遣いをした感という罪悪感はみじんもありません。

 

走り続けるとケツがいたくなる

この自転車はなんちゃってスポーツなんだと思いますが、見た目はスポーツ自転車そのものでしてシートが固いです。タイヤも空気圧をパンパンにしているのでちょっとした段差などをもろに感じながら走ることになります。

 

この感覚は自転車に乗っている感があってすごく気に入っているんですが、ケツがいたくなります。どのぐらい痛いのかというと、もういすに座りたくないぐらいたくなります。なのでもっと遠くに行きたいんだけどケツがいたいから帰ろうという気持ちになってしまう。

 

そんな問題を解決するためにシートカバーを買いました

▼これ買った

f:id:bejiro:20150625175653j:image

これは衝撃を吸収するようなゼリー見たいのが入ってるらしいです。お店には色々な種類があったんですが、これが一番安かったのでこれにしました。1600円です。ちなみにシートそのものは3000円ぐらいで売ってたのでちょっと悩んだんですが、やはり少しでも安いほうがいいだろうという僕の懸命な判断によりこれに決定しました。

▼つけるとこんな感じになります

f:id:bejiro:20150625180000j:image

▼つける前はこんな感じ

f:id:bejiro:20150625180044j:image

僕は、この自転車のちょっとしたアンティーク感が気に入って買ったんですが、シートカバーを付けるとそれが一瞬にして吹っ飛びます。しかしながらこれは僕のお尻を守るための仕方のない事だと自分に言い聞かせました。


乗り心地

実際にシートカバーをつけた状態で乗るとまるでベンツのようです。と言っても僕はベンツに乗った事がないので細かい事をごちゃごちゃ言われても困りますが、要するにケツが痛くなくなりました。快適です。


うちの風呂は鏡が付いてるようなゴージャスな作りではなく、なめくじが出たりするレベルの風呂なので、自分で自分のケツを見る事が出来ません。なので赤く腫れ上がってるのかどうかはわかりませんが、このシートカバーをしばらく使い続けていれば全く痛くなくなるんじゃないかなと思います。


そんな訳で今回はお尻の衝撃を和らげるためにシートカバーを買ってみたと言うお話でした。