読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嫌な事を忘れる為に自転車は良いかもしれないと言う話

イケスムです。

 
僕は現在無職で、仕事が見つかる気配すら感じていないと言ういわゆるお前つんでるよ系のおっさんです。毎日の様にネットで何かを探したりしていますが、ある意味これはそれ以外にやる事がないからかもしれません。
 
人間とはネガティヴでいると、なぜか人様の幸せな話は見たくないという心理が働き、同じ様にネガティヴな話ばかりを探す様になります。まぁそうじゃない人間もいるのかもしれませんが、少なくとも僕はそうです。その証拠にFacebookを滅多に見ません。
 
 
そんな腐った僕ですが、最近ちょっと風向きが変わってきました。原因は自転車を買ったからだと思います。自転車を買っただけでなぜ風向きが変わるのかと言うと目標ができたからだと思います。それも遠い目標ではなくてちょっと頑張れば届く目標です。
 
夢とかいろんな表現がありますが、漠然と叶えば良いな的な遠い目標ってのはあまり現実味がなかったりします。それは、一応は夢を叶える為に頑張ってはいるんだけど、心のどこかでかなわないとか思ってるからだも思います。僕もロト6を当てる為に毎度買ってていつかは当たるだろうと思ってますが、心のどこかでは当たるはずがないと思ってます。
 
しかし実際にかなう目標があると俄然やる気が出ます。これはよく言われてる話だと思いますが、やってみないと本当の意味では理解できないと思います。僕は自転車でもっと早く走れる様になりたい、もっと遠くまで行ける様になりたいと思っていて、その為にYouTubeで走り方や正しいポジション、トレーニング方法などを学んでやっているわけですが、徐々に結果が出てきています。それは例えば、最初は20キロで走り続けるのが辛かったのですが、今では22キロで走れる様になったとかです。
 
この様に多少ですが結果が出る事でるとかなり嬉しくなりますし、やる気がハンパなく出ます。こうなると飯を食うときもうんこをするときも目標達成の事ばかりを考える様になり、前向きな性格に変わっていきます。前向きだと毎日が少し楽しくなりますから、いろいろな意味で挑戦的、ポジティブになります。
 
いろんな事に挑戦すると言う事は、失敗も多くなりますが、成功も多くなりますし、何より変化があります。変化があるということは刺激があるという事で、退屈しません。
 
 
さて、僕はこれをiPhoneでトイレの便器に座りながら書いてるんですが、そろそろ疲れてきたのでここら辺で強引に締めたいと思います。ではではー