安全保障関連法案の今後の展開

イケスムです。安全保障関連法案が大きなニュースとなっておりまして、テレビで見ていると何やら特定秘密保護法が絡んでいるとかいないとかで、なんだか想像していた以上に難しい内容でした。こういうものは日々それなりに勉強してないとなかなか理解できないので、そろそろブックオフで漫画ばかり買ってないで偉い人が書いた本の一冊でも買ってこようかと思いました。

 

違憲かどうかは最高裁が判断する

憲法学者が国会で「違憲じゃね」と発言したことがビッグニュースとなりましたが、安倍総理大臣は違憲かどうかを判断するのは最高裁だとおっしゃってました。確かに、違憲かどうかは専門家でも意見が分かれるところのようなので、このままではそうする以外にないんだろうなと思います。

 

いつ裁判すんの?

そこで気になるのはいつ裁判をするのかです。これは想像なんですが、安全保障関連法案は本日衆議院を通過し、今後は参院で審議されることになりまして、そこで法律となる。つまり実際にこの法案が成立した時に初めて「それ違憲じゃね?」と最高裁に訴えるんじゃないかと思います。逆に言うと現段階では最高裁に「違憲だよね?」と訴えを起こしても、法律が出来上がってないので最高裁は「実際にはなんもないじゃん」としか言えないのかもしれませんね。

 

軽く調べてみた

いくら僕の感がさえているからと言っても調べてみないとすっきりしないので今軽く調べてみました。

www.huffingtonpost.jp

ここには成立したらと書いてあるので、おおよそあってるんじゃないかなと。きっとこの時初めてみんながすっきりするんだと思います、だって今のままじゃどうなのかってのがわからんもんね。ではではー