Steadyで手ぶれ補正動画撮って後でiPhoneに保存したときにGoogleフォトにUPされない問題を解決する方法

イケスムです。動画を撮るときはブレまくります。しかし最近はiPhoneアプリSteadyの手ぶれ補正がすごすぎてかなり助かってます。

 

ところでそのSteadyで撮った動画なんですが、いったんステディアプリ内に保存されてその後選択した動画をiPhoneのカメラロールに移す仕組みになっているようです。5分程度の動画でカメラロールに移動するだけで5分近くかかったりするので、動画を撮った瞬間にカメラロールに保存していたら次に動画を撮るまでにかなりの時間を要するので、そういう問題を回避するためかもしれませんが、僕はよくわかりません。

 

そんなわけでStaedyで自分の顔を撮りまくった時は、夜のヒマな時間帯に動画をiPhoneのカメラロールに移動するようにしています。移動した動画はカメラロールの一番最後のところに来るんですが、こうするとタイムラインみたいのが崩れます。例えば、スカイツリーのエレベーターの中で僕がにっこり笑ってる動画を撮って、展望室では僕が宇宙人に交信してる写真を撮りまくって帰ってきて、部屋で動画をカメラロールに移したとします。そうすると、カメラロールを見る限りでは展望室で写真を撮った後に動画を撮った風に見えるわけですね。実際は逆なのに。

 

この状態になると、何故かGoogleフォトは動画をスルーします。写真だけがアップされちゃって、動画はアップされません。んで僕が試してみた結果ではどう抵抗してもアップする事は出来ませんでした。なもんで動画がGoogleフォトにない状態になります。


こいつは何を寝ぼけてんだとか思ったりするわけですが、このパターンは何度もあるのできっとアプリが寝ぼけているわけでもなんでもなくて、タイムラインが崩れることに原因があるんじゃないかと仮説を立ててみました。

 

かといって答えが見つかったわけではないんですが、解決策みたいのを発見しました。んでその方法とは、アプリをいったん削除して再ダウンロードすることです。こうするとなぜかスルーされた動画がGoogleフォトにUPされます。


とまぁそれだけの話なんだけとね。ではではー