Googleフォトのバックアップを取る理由

BUFFALO RAID5対応 Windows Storage Server搭載モデル 4TB WS-QV4.0TL/R5

広告

 

 

イケスムです。Googleフォトのおかげで写真が楽しくなりました。静止画だけではなく、動画も取りまくっています。iPhoneはいつもポケットに入っているので撮りたい時にいつでも撮れるのが気に入ってます。

 

ところでそのGoogleフォトですが、iPhoneやPCの中に画像がたまるわけではありませんので、万が一Googleアカウントが何かしらの理由で消えてしまった時、そこに保存してあったデータがどうなるのかわかりません。画像や動画のデータは大切な思い出ですからバックアップを取っておくと安心です。

 

結局は自前のハードディスクに

結局のところ最も安心なのは自分のPCなどハードディスクに入れておくことだと思います。物理的にHDDやSSDがぶっ壊れない限りは、データとを取り出すことができるからです。んじゃGoogleフォトは必要なくね?となりそうですがそんなことはありません。Googleフォトを使うメリットはたくさんあります。

 

Googleフォトを使うメリット

iPhoneで動画や画像を撮ってると、Googleフォトのアプリを開いただけでほぼ自動的にGoogleフォトにアップロードしてくれるから楽。PCとiPhoneをつなぐ必要がない。ただ、一般的なコンデジやビデオカメラを使っている場合はこの限りではないので、PCに繋いでからアップすることになるのかな?まだやったことがないからわからないんだけど。

 

もう一つのメリットとして、Googleが自動で動画を編集してくれる機能があってこれが結構楽しい。例えば「都内の公衆便所をすべて回る」という小旅行をして、そこで写真や動画をたくさん撮ったりすると、うまい具合にその日の出来事ごとをまとめてくれ、例えば色々な便器がフォーカスされた動画ができたりします。

 

んで最大のメリットは、Googleフォトに画像や動画のデータをアップしたら、iPhoneの中にあるデータを削除することができるので容量がいっぱいになってしまうことがありません。

 

まとめ

そんなわけで大事な思い出の画像や動画なので、バックアップを取っておくに越したことはないですねってお話でした。