ガソリン価格が安くなる理由

1/200 Oilrig(海底油田)

広告

 

 

イケスムです。日経平均株価は大暴落ですね。日本の株の60%以上は外国人が持っているといわれていて、その外国人とはほとんどがニューヨークといわれています。つまりアメリカでダウ暴落なんてことになったら向こうの投資家たちは日本株の保有率を下げます。60%は半分以上ですから、その売りの力はハンパないのでがくんと下がっちまうわけですね。

 

ところで今日経済ニュースを見ていたら「世界同時株安」という言葉が使われていました。アメリカが利上げをする時期に世界全体の景気が弱っちくなっていたら、利上げがかなり悪影響を及ぼす可能性があると考えらているのかもしれません。ただ、円は対ドルで買われているところを見ると「利上げやらなくね?」的な空気感が出てきてたりして、そうなると日本は確かに金融緩和を続けているけどアメリカも締めるわけではないから相対的に見て円の価値が上がった可能性も考えられますが、こんな予想は何とでもいえるのであてになりません。

 

とは言え、世界の景気悪化を懸念してのことなのか、WTI原油価格が思い切り下げています。しかもここにきて円高触れているので、このままいけば安くなった原油を価値の高くなった円で買うことができるので、ガソリンの値段は下がる可能性が高いです。

 

僕はやる気のある貧乏人なので、自分の予想を信じて当面「ガソリンは今日よりも明日のほうが安い論」を信じて満タンにするのは避けようと思います。だった今日よりも明日のほうが安いなら、なるべく遅れて買ったほうがいいじゃん。ではではー