イケスム流ハナハナの高設定台をつかむ方法(立ち回り)

スロット実機 ニューキングハナハナDX?30

広告

 

 

イケスムです。最近はほとんどニューキングハナハナばかりを打ってます。一時期は沖ドキにハマりそうになってましたが、吸い込みの強さにビビッて今は極力避けています。

 

ところでスロットで勝つためには期待値の高い台を回すってのが一般的な考え方ですが、何を隠そう僕もこの方法です。いわゆる推測で高設定だろうなという台を選んで打つわけですが、何をもってしてその台が高設定であると推測するかが難しいところです。

 

店選びからスタートする

高設定台を打つためには、まずは店選びから始めないとなりません。なぜならば僕経験上高設定を使わない店って結構あるからです。いわゆるぼった店でいくら一生懸命選んだとしても所詮は低設定なので負ける確率が高いのでその確率通りに負けます。運や引きなんて関係ありません。出る台は出る、でない台は出ない、確率通りです。

 

なのできちんと設定を使っている店を探すことから始まるんですが、簡単に探すならばスランプグラフが見れるサイトを使うってことですね。僕はサイトセブンというサイトを使っているんですが、登録されている店に限りスランプグラフが見れるようになっています。1週間ぐらい前までさかのぼってグラフを見ることもできるようなので、すごく便利に使っています。これで色々な店のスランプグラフを毎日のように見ていると、いつどの店がどの第二高設定を入れるのかとか、店の癖まで見えてきたりします。

 

台選び

朝一から店に入ると、当たり前ですが目で見える情報は何もありません。店によっては過去1ヶ月までさかのぼってスランプグラフのデータを公開しているところもあったりしますが、その日のデータはゼロです。だれも打ってねぇんだから当たり前ですね。なもんでその店の傾向から台を選ぶことになります。

 

店の傾向から選ぶということは、例えばその店は角台に高設定が入っている確率が高いから角台を打とうとか、そういう感じです。もう一つ言えば、前日高設定に見える台は次の日低設定に設定変更されている傾向のある店ならば、そういった台を避けるだけでも高設定をつかめる確率が上がります。角台が前日高設定だったならば、当日は角台を回せば負ける確率が高いと予想したりできるわけです。こうやって高設定に座る確率を上げていきます。

 

自分の弱点

自分の弱点・欠点を知り、そのためのフォローをすることも大切です。例えば僕は2万円以上負けると焦って負けを取り戻そうとします。取り戻すためには次から次へと金を使って打つわけですが、半分以上冷静ではないのでいきなり取り戻せる沖ドキとかにガンガン金を突っ込んだりするわけです。

 

もちろん台選びはしているつもりですが、この時の僕は半分以上冷静ではないので、台選びもハンパなくいい加減なものです。その結果何度も銀行に行って金を下ろして金を使って、最終的にはスンゴイ金額の大負けになっていたりして泣いて帰ります。

 

こういった弱点を知っていれば、2万円以上使えないように財布の中には19000円程度の金しか入れないで、銀行のキャッシュカードは持ち歩かないといった対策を打つことができます。Suicaにある程度の金さえ入っていればパチンコで使うことはできないがジュースや軽食などは買えるし、電車に乗ることだってできます。すってんてんまで行ってもその日は大丈夫だったりします。

 

まとめ

要するにスロットは高設定を追い続けるゲームだと思っているってお話でした。お疲れさま