iOS9広告ブロックを比較してみた

イケスムです。iPhone6を使っていますが、iPhone6sに機種変更する予定は今のところありません。理由は、さほど変化がないので金をかけるのがもったいないと感じるからです。

 

ところでAppleの発表ではiPhoneなどのハードだけでなくソフトであるios9も発表されていましたが、イマイチ存在感が薄い気がします。Windows10はめちゃんこ盛り上がったのにね。盛り上がらなかったからと言って変化がないのかというとそんなことはなく、面白い機能が結構入ってたりするのでもう既にアップデートした方は楽しんでいるんじゃないでしょうかね。個人的に気になったのはバッテリー節約モードとsafariの広告ブロック機能です。

 

僕はいわゆるネットジャンキーですが仕組みについてはちんぷんかんぷんでして、まさか広告をブロックする技があるとは思っていませんでした。なので広告がブロックできちゃうなんてAppleすげぇなぁなんて思ったりもしたんですが、よく考えてみればきっとほかのところもできるんだけどあえてやってなかったんだろうなと思ったりします。

 

さてさて、そんな広告ブロックという魔法のような機能の実力はどんだけ?ってことで自分のブログをiPhoneでみて広告をブロックした時とそうでない時とで比較してみました。

 

▼下の画像は超面白いブログ「池袋に住むまでなんちゃら」というブログを広告ブロックオン!の状態で表示させてキャプりました。

f:id:bejiro:20150918225602j:image

 

 

▼上の画像と同じ部分のキャプチャですが、こちらは広告ブロックがオフになった状態でキャプってます。
f:id:bejiro:20150918213653p:image
僕がわかりやすく赤で囲った部分に広告が入ってますが一応ぼかしを書けているのでちょっとわかりづらいですが、だれがどう見ても広告が入っていることがわかるのでこれで構わないと思います。
 
 
▼同じくこれも「池袋に住むまでなんちゃら」をsafariの広告ブロックオンで表示させたものです。
f:id:bejiro:20150920132411p:image
 
 
▼こちらは上の画像と同じ部分を広告ブロックオフで
f:id:bejiro:20150918225622p:image
例によって僕が親切に赤で囲んだ部分には広告が入っていることがわかると思いますが、例によって広告自体にはぼかしをかけてあります。
 
こうして画像で比較すると広告ブロックの効果がはっきりと分かりますね。んでネット上では広告収入で食っているところはやばくね?みたいなことが書いてあったりするようでして、きっとそういった問題があるから話題になっているんだと思います。
 
まぁでも、広告が表示されないような端末ではブログ自体が表示されないような仕組みってのが開発されれば、だれも広告ブロックなんて使わなくなりそうだけど。