2190万円ないと人生積む理由

【ノーブランド品】【100万円グッズ】 新型 百万円札 メモ帳 100束セット

広告

 

 

 イケスムです。アラフォー未婚ですが、一応彼女はいます。捨てられないことを祈ったりしています。

 

ところで僕ぐらいの年齢になると、残りの人生の事を考えちゃったりします。男性の平均寿命が80歳ぐらいってことなので、これで計算すると約40年ほど残ってます。言い方を変えると40年間生きるために食っていかなくてはなりません。食っていくためには金が必要です。

 

では一体いくら持っていれば、僕は平均寿命まで食っていけるのでしょうか?

 

カロリーベースで考えればジャガイモをふかして食ったり食パンを食べたりしていた方が安く生きていけるかもしれません。コンビニでも安くて高カロリーのものを探せばやはりパンになります。100円ぐらいで400カロリーぐらいは取れますし、それを5個500円で買えば2000カロリーは取れます。

 

しかしパンはダイエットの天敵といわれているように、高カロリーではあるがおなかを満たすには物足りません。フワフワしていて腹にたまりにくかったりするから満腹感が味わえなかったりするわけですね。なのできっと1日に5個食べても、腹が減ったりするかもしれません。

 

そんなわけで多少強引ではありますが、デフレの象徴とまで言われた牛丼で計算することにしてみました。牛丼は10月から少しの期間だけ値段が安くなるといったニュースが流れていますが、おおざっぱに計算すると今はだいたい1杯400円ぐらいです。これを1日3食食べると1200円になります。1年間では438,000円。あとは残りの人生にこれをかければいいわけですね。残り100年間生きるならば43,800,000円です。

 

平均寿命よりも長く生きる確率が高い理由

 

実は平均寿命よりも長く生きる確率のほうが高いという話を聞いたことがあります。その理由は、赤ちゃんを含めてめっちゃ若くして命を落としてしまう人たちも平均寿命の計算に含まれているかららしいです。なので男性が80歳まで生きるといわれているならば、90歳ぐらいまで生きると考えたほうがよさそうです。良かったな、寿命が延びて。

 

なので僕の場合は最低でも50年間残っていると考えて計算します。そうなると、2,190万円になります。すげぇ大金だしそんな金持ってねぇんだけどwwww どうしたらいいかな?