読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニューキングハナハナを3つのタイプに分けて立ち回る

結論から言うと今日はこの方法で負けた。なもんで説得力はほぼない。ただ、この方法で収支を伸ばしてきたのも事実だが、この方法だけではないのでそこらへんも加味するとやっぱりこの方法は微妙。タイプを1・2・3・で分けてみる。

 

1、前日を含めて最近へこんで立台

2、前日を含めて最近平凡だった設定3ぽい台(グラフは横ばい)

3、前日を含めて最近勝ててるであろう台

 

基本的には朝一では1を狙っている。これはその店にもよるが、僕が今日行ったD店は1週間ぐらいへこむと出すことがあるため。つまり設定変更の可能性があると予想して打つから設定上げ狙い。

 

設定上げ狙いの場合、経験上当りが早いと思っている。設定リセット後のあたりの速さについては論理的に説明することができないが、例えば強いイベントなんかでその前日ハナハナのシマがクソだった場合、ほとんどの台が100ゲーム以内にボーナスを引いているからそう思っている。

 

なもんで当たりが早ければリセットの確率が高いと考えてそのまま継続して打つんだけど、当然ビッグボーナス時のスイカもチェック。ここでスイカが落ちなければそのまま飲まれる可能性が高いのが俺のパターン。とは言え高設定でもスイカが落ちないこともあるし投資が少ないという理由だけで俺はメダルがなくなるまで回して出なかったらそこで終了。

 

1狙いでダメだったら次は2を狙うんだけど、店にもよるがタイプ1はたくさんある。そのすべてに設定が入っているわけではないので、また別のタイプ1を回す場合も当然あるが、おおよそ朝一から来ている客は同じようなタイプを狙うケースが多く、その意味ではその客の状況もよく見ておく。仮に自分のタイプ1がダメだったとしてもほかの2人が出ているんだとしたら、そっちに設定を入れて自分のは据え置きである可能性が高い。しかもそこに設定が入っているならばタイプ2もタイプ3も可能性が薄くなってくる。なぜならばイベントでもない通常営業でそこまで設定を使ってくる店は少ないと考えているからだ。

 

ただ、他の客がタイプ1を打っていてそれもダメっぽかったらタイプ2、タイプ3を同じようにして回すが、タイプ3だけは据え置き狙いなので初当たりが早いとは限らないが、基本的に高設定だと思って打つのでベル落ちが良かったりすると思っているしハマりも軽いと思って打つ。

 

ちなみに軍資金1万円で打てるのは平均3台。これでダメならば帰ったほうがいいと思うのは、最近のハナハナでは1000枚持ち帰るののがやっとなぐらい厳しいからだ。2000枚ぐらい出たら出たで高設定だと思っちゃってある程度のハマり覚悟で回すことになったりするから、結局設定がないことに気づくときには1000枚以下とかね。

 

まぁ俺は負けたんだけど。