30秒以内にメモをとる方法を常に考える

イケスムです。以前何かで読んだんですが、1分以内にメモを取ったほうがいいそうです。なぜ1分以内にメモを取る必要があるのかというと、人間の記憶は1分を過ぎると忘れちゃうからとのこと。
 
しかし僕の経験上では、1分どころか30秒とかでも忘れるときがあります。ぶっちゃけ振り返ったら「あれ?なんだっけ?」みたいな感じの時もあります。きっと一瞬何か他のことに集中してしまうとダメなんでしょうね。
 
とはいえ、時間が経てば経つほど忘れていく確率が高くなると思うので、その意味では少しでも時間が経過しないうちにメモを取ることが重要になると言えます。んでアイディアを含めたメモをしたいことというのはいつ現れるのかわかりません。なもんでこのケースでは常に持っているものでメモを取るといいです。つまりケータイですね。
 
みんな寂しがり屋だから電話がないと不安です。なもんで常に持っていると思いますからこれほどベストなものはありません。しかもスマホならばアプリが使えたりするからもっと便利です。
 
僕はiPhoneですからiPhoneのメモを使っていたりしますが、WindowsPCでもMacBookでもiPhoneでもタブレットでも見れるメモを選んでいます。
 
 
f:id:bejiro:20151007133349p:image
 
 ▼ブログのネタを考えたりするのに便利だし、当然iPhoneで入力したメモを他のPCでも見ることができます
f:id:bejiro:20151007133400p:image
とまぁONEnoteは結構便利で使っていたんですが、問題はちょっと起動が遅いことです。「あ、おもいついた!→iPhoneでメモアプリを起動→入力」まで約20秒ぐらいかかると思います。
 
ですのでiPhoneがポケットに入っている場合は取り出す時間なども含めて30秒は余裕で超えます。ちなみにアプリを立ち上げるのに時間がかかる理由はわかっていません。僕が頻繁にメモを使うのでデータ量が多すぎるからそうなるのかもしれませんし。
 
 
 
んで先日googleからgoogleメモが出たんです。これはアプリの立ち上がりのスピードが速いです。時間を計ったわけではなく体感ですが、ONEnote約半分の起動時間
 
f:id:bejiro:20151007133810p:image
 
ぼかしがかかって見づらいので悪い悪い細かいことは気にするなってところなんですが、こちらのメモアプリはONEnoteとはデザインが違います。あまり使い込んでいないのでなんとも言えませんが、今のところ使いづらくはなく普通に使えています。
 
まぁ要するにアプリの起動時間が速いほうが早くメモが取れるべってお話でした。お疲れ様です。
 
 ※追記
 
その後ワンノートGoogleキープの両方を使った生活をしていましたが、結局のところこれまで使っていたマイクロソフトワンノートを使い続けることになりそうです。まず第一の理由は、ストップウォッチでは買ってみたところアプリの起動時間に違いが見られませんでした。先日時間を図った時は明らかに起動時間の差が見られたのですが、きっとアップデートか何かで改善されたのかもしれませんね。ですので時間を理由にアプリを選ぶ必要がなくなったわけですね。となれば使い勝手の良さで選ぶわけですが、ワンノートには色々なタグがついてたりしてそれが便利なので、ワンノートを使い続けることになりました。