読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古本屋に本を売りに行った結果

ゆるネタ ライフハック

1,000円札と100円玉と10円を数枚ゲットした上に部屋が広くなった

 

イケスムです。年に1度くらいのイベントなんですが、部屋にあって場所を占領していたおそらくもう読まないであろう本を売ってきました。本を売る目的は部屋を広くすることだったんですが、僕は貧乏人ですから買い取り金額も気になります。

 

お札になったのは嬉しい

買い取り金額は千円ちょいですが、千円の大台を超えたことは嬉しいです。店を出るときに小銭入れにジャラジャラっと入れるだけか、もしくは札入れの場所にお札をすっと偲ばせるかの違いですが、この違いはでかい。そういった意味ではある程度溜まってから売るのは一つの方法かもしれません。確かにその分重くなりますが、何度も行くのは時間も取られますし効率がいい。

 

部屋が広くなったことはもっと嬉しい

やはりこれが一番の目的ですから、すごく嬉しいです。僕は自分の部屋ですごくことがものすごく長いほぼ引きこもりですから、この空間が汚かったりすると精神的にやられる気がします。部屋のインテリアは人それぞれ好みが分かれるところですが、やはり自分好みの部屋の方が住みやすいし、広い方が何かとスッキリしていて好きです。

 

だからと言って部屋の大きさが変わったわけではないんですけどね。それでも部分的にスペースが出来上がると、なんだか広くなった気持ちになれますから不思議です。

 

アマゾンで古本を売るコツ

アマゾンで古本を売るコツ