読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログはもっとストレートでぶっちゃけてもいいような気がしてきた

イケスムです。突然ですが、僕はこのブログでそれほど書きたいと思ったことは書いていません。理由は恥ずかしかったといろいろです。でも、もうちょっとストレートに自分の書きたいことを書いてもいいのかなと思いました。うまく表現できません出来ませんが、ストレートにいろいろと書いてあるブログのほうが僕は好きだったりするからです。

 

先日はてなの某ブログを読みました。そこに書いてあったことは「ちょっと死にたくなった」と言うなんともストレートな表現。僕もそう思うときはありますが、それは言っちゃいけない言葉なんだと思ったりしていました。なんでかって言うと、世の中には行きたくても生きていけない人がいて、なのに僕のちょっとした気の迷いやセコイ失敗が原因で「死にたい」なんていうのは、あまりにも身勝手すぎるんじゃないかと思っていたからです。

 

でも、実際に「死にたい」と思うことがあるのは事実でして、そういったことはブログだからこそかけるみたいな部分があると思います。リアルの世界で知人に「俺死にたい」なんていうと重いので、相手に迷惑がかかります。ブログならば読みなくない記事だったらそこで読むのをヤメればいい。最後まで話を読む必要はないからです。

 

また、そういったことをストレートに書くことによって同じような人に出会える可能性があったりすると思います。それはキーワードで検索して出てくるものだったりするので、そういったキーワードでブログを探している人がいれば、読んでもらえる可能性は少なからずあるかと思います。

 

誰かに共感してほしいからそういうことが書きたいのか、理由は自分でもよくわかりません。しかし書くならば書きたい何らかの理由はあるはずなんですが、今でもその理由はよくわかりません。そんなことを書いたこともありませんし。

 

そもそもこのブログの趣旨は、つまらない日常を楽しくしていけることができたらいいなと思って作ったものです。その意味でも、重い話はブログの趣旨からずれているかなと思ったりもします。しかしその逆に、「死にたい」と思いながらも生き続ける僕を見て、誰かに勇気を与えることができる可能性もあります。実際僕はそのはてなの某ブログを読んでちょっと勇気が出ました。なんでだろ?