リサイクルショップは何軒か回ったほうがいい理由

イケスムです。最近の趣味は部屋の大掃除です。大掃除をしまくっている理由は、部屋が狭いので出来る限り広くしようという考えからです。

 

部屋には使っていないものが沢山

自分の部屋って毎日そこで生活しているからなのか、邪魔なものを邪魔とも思わなくなってしまっています。もう何年間も使っていないものがそこにあるのに、それを捨てて少しでもスペースを有効活用とは、考えもしないわけですね。それは何年も前からそこに存在してて、それが当たり前だし空気のように慣れちゃってるんだと思います。

 

でも使っていないわけですから、だったらないほうが部屋が広くなります。なので部屋を広くしたいのであれば、まずは物を減らすという観点から考えてみるのが、最も効果的です。だってその部屋に引っ越してきた最初の頃は、何もなくてガラーンと広かったでしょ。あの状態がMAXの広さで、少しでもそれに近づけたいなら物を減らす以外に方法がありません。んで減らすならば使っているものよりも使っていないものから減らしていく

 

捨てるよりもリサイクル

リサイクルショップに行く場合、かっこいい表現をすれば自分が使わなくなったものを他の誰かが使ってくれるという考え方があります。自分が好んで買ったものだけど使わなかった、でも他の誰かが喜んで使ってくれるならばと。

 

でも僕は買取金額を重要視してしまいます。お金がほしいからです。やはり「売る」わけですから、それなりに高く売りたいです。それがたとえ使わないものであっても。たとえ使わないものであってもいざリサイクルショップに売りに行く時には、買った時の思い出がよみがえることもあります。その思い出を打ち消すぐらいの金額で買い取ってもらえれば、やはり嬉しいです。「おいあそこの店でこんなに高く売れたよ!」なんていうネタにもなりますしね。

 

リサイクルショップは近所にたくさんある

地域にもよるかもしれませんが、うちの近所には結構リサイクルショップがあります。それぞれ違う店だからなのか、買取金額の査定方法が違うようです。買取金額全く異なります。一方では値段のつかないものであっても、一方の店では数千円になることも少なくありません。倍以上ではなく、数倍買取金額違ったりします。

 

リサイクルショップに行く時には、最初から数店舗回るつもりで予定を立てる

今の世の中「比較」はアタリマエのことですが、それは自分が物を買う時だけでなく売るときにも同じことが当てはまります。面倒くさいと思ってしまうかもしれませんが、最初から「あの店とあの店とあの店に行ってみよう」と予め3店舗ぐらい周る予定でいると、頭のなかで「そういう予定なんだ」と理解しちゃっているので最初の店で一発で売ることはありません。

 

物によってはA店のほうが高く買ってくれる場合もありましたし、逆にB店のほうが別のものは買取金額が高い場合もあります。その判別が自分ではなかなかできない。だって毎度リサイクルショップを利用していればそれなりに「この店はこういうものはあっちの店よりも買取金額が高い」みたいに空気を読めるようになるかもしれませんが、めったに行かなければ素人の自分たちにはわかりません。

 

なので僕と同じように買取金額を重要視するのであれば、数店舗回って買取金額の比較を行うべきだと思います。

 

ikebukuronisumu.hatenablog.com