マイナンバーが届いた時に簡単にできる対策

f:id:bejiro:20151109010416p:image

イケスムです。今回のエントリでは、マイナンバーが届いた時に会社にそのマイナンバーを教える?みたいなことが必要があるとのこと。どうやら税金の関係らしい。でもマイナンバーって人に教えたらあかんやつやろとか色々と言われているしそもそもまだ届いていないのでわけがわからない。ただ会社の指定したところに教える必要がある(何を教えるのか詳しくはわからない、届いてないから)ので、その対策というかリスクを減らす方法を考えてみた。

結論からいうとなるべく最後の方に出す

要するに期限ギリギリまで引き延ばしてなるべく時間を空けてから提出するという方法。これはPCのOSなどをアップデートするときと同じ戦略で、だいたいバグがあるときはいち早くアップデートをインストールしたものが苦労する。なので誰もが初めて扱うマイナンバーなので、何か不具合が出るかもしれないという仮説を立て、出るとしたら最初の最も慣れていない時がその確率が高いんじゃね?のもとに、なるべく後出しにした方がいいかなと。

会社から提出された資料は読めば読むほど恐ろしくなる

これはやってはならない注意事項ばかりに目がいってしまうからなんだろうけど、それを読むとちょっと怖くなってくる。もちろんマイナンバーにはメリットもたくさんあるんだけど、ニュースなんかで言われているような海外での問題が日本でも起こる可能性があるとか、そっちの方ばかりに目がいく。

まとめ

そのうち続々とみんなの元に届くであろうから、そうなった時に色々な対処法を書いたブログがたくさん出てきそうだから、それを待ってみるのも一つの方法かもね