読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カメラの買い取りに行って分かった1つの事

f:id:bejiro:20151109185916p:image

イケスムです。部屋の掃除の一環として、現在使っているものとそうでないものを分けています。こうすると自分が思っていた以上に使っていないものが出てくるわけでして、んじゃこれを処分しようってことになるんですが、まだ全然使えたりするのでひとまずお金に変えることを考えます。そんなわけで今回はカメラを売りに行ってみた時のお話をこのエントリで書きます。

事前に買取金額を調べてみた

電化製品は、型番号などを入れるとある程度の買取金額が出てきたりします。僕はこの方法で調べてみたんですが、平均すると2万円ぐらいかな?という値段が出て、マジかよだったら売ろうよって話になりました。

二つの店に行ってみた

近所で買取をしてくれる店はいくつかあるんですが、最初はやはり家電に強そうなそれ系専門店に行きました。ここではiPadの買取もお願いしたことがあって、それなりの値段だったのを覚えているので、今回も2万円を期待しましたが、結果は惨敗で、一万円。

 

いきなり半値の登場に少々ビビった僕は、ひとまず買取はキャンセルしてもらって次の店に行きます。こちらの店は家電専門店ではありませんが、ぶっちゃけ普段からいい値段で買取をしてくれるような気がしています。前回もそうでした。

 

待つこと数分、買取査定が出まして、そこには七千円というさらにビビる金額が書いてありました。これだったら最初のお店に買取をした方が断然いいじゃないのよってお話になりますので、またキャンセルしてもらい店を出ました。

買取金額2万はどこから出てきたのか?

もちろんお店の違いもあると思うのですが、ひょっとすると僕の調べたものは古い情報だったのかな?と今更ながらに思っています。ただ、一つだけではなく複数調べた結果それらすべてが18000円だった。なので今の所こっちの方の店にアタックしてみるまでは、なかなか買い取っていただく気持ちにはなれないのが現状です。

買取価格は比較した方がいい

以前リサイクルショップに行った時もそうだったんですが、お店によっては値段がつかず引き取りだけならいいですよ的なものでも、他店に行くと7,000円とか値段がつくことがあります。

 

買取金額の違いの原因はわかりませんが、そういった事実がある以上は複数店舗回れるならば回った方がいいと僕は思いました