それでもマクドナルドに行く理由

イケスムです。最近はネタ探しの旅をしているかのような気分でして、常にネタのことばかりが頭のなかをぐるぐる回っている状態です。なにか特別なことがあると「あ、これネタに使える」みたいな感じになったりしています。

 

余談ではありますが、ネタに使えると思ったら取り敢えず使ってみるといいかもしれません。と言うのは、使ってみるとスルーを含めた反応がありますので、それを今後の判断材料に出来たりすると思うからです。

マクドナルドには客が沢山!

ネット上にはいろいろな意見がありますが、ファーストフードの中でもハンバーガーチェーン店に限って見ると、マクドナルドは他よりも沢山のお客さんが入っているように見えます。僕は糖質制限中ですから今はハンバーガーを食べることができませんが、珈琲を買うために店に入るとほぼ確実にレジの前に並んだりする状況です。もちろんそれはロッテリアでも場所によっては同じ状況だったりするわけですが、マクドナルドはやはり多い気がします。

なんでみんなマクドナルドに行くのか?

安いからだと思う。他人にマクドナルドに行く理由を聞いたことがないのでその意味では自分を基準にしたよそうだが。例えば珈琲なら100円で飲めたりするので貧乏な僕にとってはありがたい。残念なのは、昔喫煙可能だった店でも今は禁煙店になっていること。最近ドトールなど他の店でコーヒーを飲むようになった理由は、そこに原因がある。

客がたくさんいるのと儲かっているのは別の話

お客さんがお店にたくさんいるからって儲かっているかどうかが別であることぐらいは理解できる。例えばいつも100人以上の客がいるとして、そのすべてが珈琲しか飲んでいないとして、そうすると100人いても売上は10,000円だし、利益となるとまた別の話になるからだ。

 

そう言った意味ではマクドナルドの決算などのニュースを見ると、僕が感じる「マクドナルドにはいつもお客さんがいっぱい」とは無関係なんだろうなと。ただ、客がたくさんいるってことは支持率が高いってことなので、やはり支持されている店なんだと思っている。

まとめ

今の世の中ある意味安いは正義