伝わるブログの書き方は知っているがやれていないことだった

イケスムです。結論から言うと、人に伝わる文章を書くためには、まず結論から書いて次にその理由を書くということを何度も学んできたんですが、実際には何故か実行できていないので、今後はそれを実行していくため、心にそれを刻むためにこの日記エントリを書いてみます。

結論以外から文章をスタートさせるのは文章のうまい人であり、クソは結論からスタートさせるべし

いやこれまじでそうだなと自分は思うんです。なぜならば僕は文章がうまいかクソかで言うとクソであり、結論以外から文章をスタートさせると読んでいる人が何を言っているんだかつかめない文章になってしまう。でも結論から書くと読んでいる人は結論まず聞いているので、その前提で話を読み進められるので理解しやすい。

結論から書くルールを高確率で守れる法則を考えてみた

 文章を書く時に必ず「結論かいうと」と書く。この「結論から言うと」という言葉を最初に書くようにすれば、それ以降は結論を書く以外に選択肢がなくなる。このように制限を課すことによって結論から書けるようになる。

 

しかもこの方法は「結論から言うと」という言葉を文章の冒頭に入れるだけという単純なルールだ。単純であるがゆえに覚えやすいしハードルも低いので、それさえ忘れなければかなりの高確率で今後は結論から文章をスタートさせることができるだろう。

まとめ

結論→理由

 

大学生のための「論文」執筆の手引―卒論・レポート・演習発表の乗り切り方

大学生のための「論文」執筆の手引―卒論・レポート・演習発表の乗り切り方