読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千円自販機の当たり確率をYouTubeから考察すると

デジタル・IT 考えてみた ライフハック
イケスムです。最近YouTubeやってます。めっちゃ過疎です。一応続けていられるのは、動画編集や動画の撮り方が上達している感があるからです。つまり成長していることを実感できているから過疎でも続けていられるんだと思ってます。逆に言えばそこに何も成長がなければ、得られるものは何もないという意味で続けることは困難かと。人間とは常に成長したがる動物なんだなとつくづく思います。

ところで僕は未だに経験のない千円自販機、千円ガチャですが、YouTubeでは比較的沢山それ系の動画を発見することができます。興味がなければ全く見ないという意味では、僕は興味があるからそれを見ているんだと思うし、どんな景品が出るのかな?と言ったワクワク感があり楽しい動画です。

しかし見れば見るほど千円自販機をやってみようと思わなくなるのは、当たりを引く確率がかなり低い様に見えるからです。沢山の方の動画を見ました。数えたわけではありませんが僕が見た全ての動画で使った金額はきっと30万を超えてます。一回千円のゲームだからね。10階で1万円。100回で10万。300回ぶんはみてると思うので30万円ぐらいかなと。自分でもどんだけ千円自販機にハマってんだよ思うぐらい見てました。

こんなに沢山見た中で、大当たりと言われてる3DSを引いたのはたった一回。300分の1の確率と言うのが、僕が動画を見た中で感じたことです。もちろん動画ですからネタとして使える部分だけをアップしてると思うので、確率は正確ではないかもしれませんが、僕が動画を見た中では300分の1と言う確率になってます。

3DSが2万ぐらい?だとすると30万使って2万ですから28万は空に飛んでく計算になります。いやもちろん何かしら景品は出てきますからその限りではないけどね。まさに夢を買うと言う言葉がピッタリだなと。

楽しみ方としては、千円を自販機に入れてボタンを押して景品を取るまでがワクワクゾーンなんだと思います。この数分間に千円を払えるかどうかなんでしょうね。ただ、YouTubeのネタとして使う場合は、とても面白い動画になると思うので、また違った価値観がそこに生まれるんだと思います。

僕は自分で千円自販機をやらないけど、動画はとてもおもしろい。ワクワクします。こんな景品が出るのか!と。もっと言えば、変なものが出れば出るほどネタ的には当たりな気がします。見てる方はそっちの方が楽しかったりすることもあると思うし。

最初に千円自販機を見たのは某テレビ番組でした。そこで人気コンテンツになったので、そこからYouTubeに来たのかな?て事で最初にコレを考えた人は発明家に近いぐらい天才的な人ですよねってお話でした。