伝えたい事を思うように話せる人と話せない人の違いについての考察

イケスムです。最近YouTubeに動画をアップするのにハマってます。具体的に言うと、動画編集が楽しいので続いている感じです。自分が作った動画をユーチューブにアップするのは承認欲求の現れかもしれません。単純に動画を作ることのみが喜びであるとすれば、それをYouTubeにアップする必要はない。でもユーチューブにアップするために動画を撮ってそれを編集しているそのプロセスが楽しいのは事実ですが、再生回数が少しでも増えると「こんな自分が作った動画を誰かが見てくれている」と言う快感に近いものが得られます。

YouTube用の動画を作る際にうまく話ができない自分を発見

YouTubeに動画をアップしよう」と言う目的動画を作るときは、やはり誰かが見るであろうことを前提に作ります。人前で話をしているよりは気は楽ですが、それでも緊張してうまいこと話をすることができません。

 

具体的に言うと、予め「◯◯について話そう」と決めているにもかかわらず、いざビデオカメラを自分に向けて録画を始めると、頭が真っ白になり、何をどう話していいのかわからなくなります。もちろんそれでも続けるわけですが、こうなると話の順序が逆になったりと会話として色々な不具合が出てくることに木津ました。

頭のいい人は話せる?

大きな企業の社長さんなどいわゆる偉いっぽい人は、人前でスラスラと自分の言いたいことを話せているように思います。本人はどう思っているのかわかりませんが、聞いている側の自分としては、その話はとても面白く分かりやすかったりします。

 

んで大きな会社の社長さんてのは、一般的に頭のいい人です。学力だってある人のほうが圧倒的に多いと思います。それも半端な大学とかではなく、日本で一二位を争うほどの大学を卒業している人が目立っているように思います。

 

話したいことを話すことが僕にできなくて彼らにはできる。この違いは何なのか?見て取れるところだけは学力です。もちろん訓練や経験の積み重ねによっても変わるのかもしれませんが、自分と彼らにどれほどの経験の違いがあるのかがわからないので、見て分かる部分でしか比較検討ができないので学力の違いかな?とか思っています。

学力の違いならば諦めるしかないのか?

そんなことはない。なぜならば見て取れる部分だけの違いでは学力に差があることがわかりましたが、逆に言えばその他の部分は不明です。つまり未知の部分が多い。ひょっとしたら自信を持つということだけが話をスラスラと進めていくための必殺技かも知れませんし、やはり経験を積み重ねることかもしれません。

まとめ

そんなわけでいろいろと調べてみたんですが、やはり結論から話をするという方法が最も初心者向きであることがわかりました。結論を最初に持っていくことで、その後その結論の根拠を話すだけなので、話しやすいとのこと。ブログの書き方とちょっと似ているんだなと。