読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活苦でカップ麺を買って消費税10%を収める隣のレジで松阪牛を買ってる人が8%しか消費税を納めないというネタは消えそうな気配がしてきました

政治・経済・社会

イケスムです。軽減税率導入の是非についてはさておき、もう既にほぼ確定している軽減税率ですから一体何が対象になるのかが気になるところです。んでこれまで生鮮食品のみが対象になるような事が言われていたわけですが、参院選が近づいてきて徐々に雲行きが変わってきているようです。

カップ麺は10%税で高級大トロは税8%ってマジ?

 軽減税率を導入する目的は一体何のか?生活弱者を支援するためであるとすれば、生活弱者がよく食べる食品こそ軽減税率の対象にすべきであろうと普通は考えますが、生鮮食品のみが対象であれば、例えば高級なカニや大トロや松阪牛を食べている人は、消費税8%しか払わないのに対して、金がなくてカップ麺しか食えない人は10%の消費税を納めることになり、軽減税率導入の目的から随分とズレこんでしまう現象が発生してしまいます。

 

こうなると「おいおいまじかよ、なんのために有限である時間を大量に使って協議している法律なんだよ」となってしまい、いよいよ来年の参議院選挙のネタに使われてしまいそうな気配が漂ってきそうです。ここはなんとしてでも軽減税率を導入する当初の目的を忘れてはならないところですね。

加工食品も対象になるっぽい

いよいよ来年は参議院選挙の年というこの暮に、気になる報道を発見しました。

www.asahi.com

これによるとどうやら軽減税率の対象品目は、加工食品も含まれそうな感じです。財源も8千億円を軸に調整と書いてありますし、具体的な数字までチラホラ出てき始めているようです。

 

参議院選挙を前に、生活苦で苦しんでいる消費者が10%の消費税を納めてカップ麺を書い、その隣のレジではお金持ちが松阪牛と大トロをかって8%しか消費税を納めていないというネタがこれで無くなる気配ですね。