禁煙するとかならず出る症状

イケスムです。今日から本格的に禁煙します。早速タバコが吸いたくて仕方ありません。

禁断症状

糖質制限の時もそうでしたが、ある意味中毒になってたりするのでそれを断ち切ろうとすると禁断症状が現れます。喫煙は中毒と言われてますから、それを禁煙という形で断ち切ろうとすれば、禁断症状が現れる確率が猛烈に高い。

簡単にいえば我慢の連続

禁煙は我慢です。禁断症状が出て吸いたくなり、今にもコンビニまでダッシュしてタバコを買っちゃいそうですが、それでも我慢をします。なので禁煙=我慢です。

禁断症状が出ているのは効果が出ている証

禁断症状が出ているということは、少しずつタバコの成分が体から抜けている証拠です。抜けちゃっているからこそ体欲しているので禁断症状が出ると考えられるからです。なのでこの「タバコが猛烈に衰退、すっちゃおうかなー、禁煙なんて明日からでもいいんだよなー」と言うガチな心の叫びは、タバコの成分が体から少しずつ抜けてきていて、近い将来禁断症状が出なくなることを表しています。

まとめ

今回はガチ。以前4ヶ月間禁煙に成功したことがあるが、その後吸ってしまった。禁煙は1年間続かないと成功とはいえないというが、本当にそうだと思う。来年のクレマでタバコを吸わなければ、きっと一生吸わなくても平気になると思う。