読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

禁煙3日目で脳が思うように働かなくなる理由

イケスムです。今日で禁煙3日目です。禁煙には最初に3時間の壁というものがあり、その次に3日間の壁があるようでして、どちらかと言うとこの三日間の壁のほうが有名だったりするんですが、その理由はニコチンが体からほぼ抜け切る期間が約3日であるかららしいですが、まぁ僕は医者でもカウンセラーでもないので細かいことはよくわかりません。調べるとそんな感じのことが書いてあった予定程度のことです。


とにかくその3日を一本たりとも吸わずに乗り越えたことは率直に言ってうれしいです。ただ、3日あたりから禁煙が楽になるという話を聞いて期待しておりましたが、今の所全く楽ではありません。相変わらずタバコのことばかり考えておりまして、ブログに禁煙以外のことを書こうとはするんですが、なかなか頭が思うように働かずに書けなくなっております。

うまいこと脳が働かないというのは、タバコのとばかりを考えてしまうからです。働かないというよりは、タバコ(余計な)の事を脳を働かせている最中に考えてしまうので、そこで脳の働きを邪魔してしまうといった感じです。今カフェでコーヒーを飲みながら禁煙席でiPhoneアプリを使ってこのエントリを書いているんですが、その間にアマゾンで電子パイポなるものをポチってしまいました。それぐらいタバコのことばかりを考えてしまって一つのことに集中できていません。

簡単に言うと考えたい事を深く考えることができなくなっているんですが、ここで禁煙をやめるわけにはいかないのでどれぐらいの期間でタバコの事を考えなくなるのか?を調べてみました。いろいろことが書いてあったんですが、平均すると約1ヶ月後の僕はタバコのことなんて考えなくなり、バリバリ禁煙のスターバックスでうまいお茶を飲みながらiPhoneアプリを使ってブログの更新ができている可能性が高いっぽいです。

そんなわけでまだ禁煙をスタートしてたった3日目のひよっこのカスではありますが、1ヶ月後の自分を楽しみにしながら使えない脳をなんとか使っていこうと思っています。