読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットに逃げこんでもなんとかならないって話

日記 考え方

イケスムです。ぶっちゃけた話、僕はリアルからネットに逃げてきた人間です。実際に住んでいる場所はリアルでして、リアルでの生活こそが僕の姓名を支えているわけでして、その意味ではネットに逃げ込んできたという表現はおかしいかもしれません。しかし「リアルどうでもいいんだ、俺はネットでなんとするんだ」とでも思わないかぎりやっていけないレベルにまでリアルが追い込まれてたりします。自分への逃げ道としてネットを利用しているわけです。

結論から言うとネットに逃げ込んでも幸せになれるとは限らない

現実の世界に居場所がないから、ネットに居場所を求めて逃げ込んできたというならばまだなんとかなるかもしれませんが、根本的な問題が経済的な問題だったりするとネットに逃げ込んだところでその問題を解決するすべはなく、解決されない問題はひたすら続きます。結局のところリアルあってのネットでして、リアルなしのネットなどありえません。したがってリアルで不幸な場合はネットでも不幸になる可能性が高いんじゃないかなと今更になって思います。

ここは僕の居場所ではない

僕はリアルでの生活がアレなもんで、

だったらネットに逃げ込めばいいや的な考えを持っていました。ブログを始めたのはそういった意味合いもあったのかもしれません。誰かに自分のことを知ってほしいとか、自分の考えを聞いてほしいとか、いわゆるかまってちゃん的な部分もそうですが、漠然と「ネットに行けばなんとかなる」と思い込んでいた部分があったと思います。しかしいま現時点で言えることは、ネットに逃げ込んでもなんとかならないということです。

 

なんとかならない原因は、僕のやり方が間違っているからなのか、そもそも求めているものに無理があるのか、勉強が足りないからなのか、それはわかりません。ただ現時点ではなんとかならないと思っています。逆に言えば、ネットでなんとかなる奴は現実の世界でなんとかなっちゃう奴なんじゃね?的なことも同時思うようになってきました。

それでも諦めるのは良くない理由

ひょっとしたらガチでネットではなんとかならないのかもしれません。しかし、それでも諦めたらダメなんだと思います。よく聞く話ですが、諦めるということはそこで自分にブレーキを掛けてしまうことであり、その意味では仮に可能性があったとしてもそこでストップしてしまうからです。探しものは探すのをやめた時に出てくるといいますが、これは探すのを諦めたから目的が達成されたのではなく、探すのをやめると見る場所が変わるので見つかるよってことなんだと思います。そういった意味では諦めるとはかなりの差があると思います。

諦めない=行動する

トライ・アンド・エラーといいますが、つまり挑戦して失敗してを繰り返すという意味ですが、一度失敗したら普通は同じことは繰り返しませんから違う方法で挑戦しますよね。例えば、ゲーム系のブログで失敗したら、同じゲーム系のブログを再スタートさせてもうまくいく可能性は低いどころか、失敗する可能性が高いと考えます。なぜならば自分はゲーム系のブログで失敗を経験しているからです。ならば次は恋愛系のブログに挑戦してみるという考え方です。「え?俺なんかが恋愛について語れるわけ無いじゃん」とか思ったりするわけですが、答えは誰にもわかりませんから「トライ」するわけですね。んで「エラー」となれば、また違った方法をトライすると。

まとめ

幸せになりたい