読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せになるための一つの方法

ライフハック 考えてみた

イケスムです。ライフハッカーを見ておりましたら幸せになる方法的な記事が乗ってたのでそれを読んでみた感想みたいのを書いてみたいと思います。

理想とのギャップが僕達を苦しめる

www.lifehacker.jp

例えば自分が10億円あったら幸せになれるんだとして、でも今は100万円しか持ってなかったら9億9千9百万円分のギャップがあって、そのギャップが大きければ大きいほど現在は不幸だよねというマインドになるんだとか。

 

まぁたしかにそうだなと思うところはあります。テレビなんかでお金持ちが別荘を買ったりする番組を見て、僕も別荘とかほしいんだけどそのために膨大な金が必要で、そんなカネないから買えないし、そう考えるとなんか惨めだなぁとか思ったりする。これってつまりは別荘変えたらハッピーなんだけど、実際は買えないし、買えない原因はカネがないからという引き算をしているからなんだろうなと。

 

ないものねだりではないけど、ないものに対して悩んでいても所詮はないんだから、考えるだけ悲しくなるだけだよねってことなんだと思う。

今現在あるもので幸せを目指す

ってことで今あるもので幸せを目指そうぜって話になるんだけど、今あるものはパソコンとネットの環境ぐらいのもの。自分の幸せが何か?によるんだろうけど、仮に10億円が自分の幸せだとして、そればかりを考えていたら結構長い間不幸を感じることになるだろうと。

 

なもんで一旦10億円のことは忘れて、今現在持っているネットの環境やパソコンを使って一生懸命生きようぜってことなんだと思います。

やり直しはできないが軌道修正はできる

読んでいて最も他納得できたのが、人生をやり直すことはできない。できるのは軌道修正だけという部分。たしかに過去にさかのぼってやり直しをすることなんてできない。僕は今日パチンコで2万1千円負けたんだけど、やっぱりパチンコをしたのは間違いだったからあの時間に戻ってパチンコをやらなかったことにしたいと思っても無理。できることは、今後パチンコをしないことぐらいだ。

だとしたら今あるものを使って軌道修正しまくろう

そうであるならば、今現在持っているものをリストにあげて、それを使ってこれまでとは違った方向に進めば幸せになれる確率が高まりそうだ。例えば、今僕の目の前にはネットに接続できる環境と、パソコンが有る。この2つでできることは何か?を考えて、今できることを一生懸命やることで幸せになれるんじゃね?と言う考え方なんだと思う。

実は僕も似たようなことを考えていた

僕は数日前から経済的に苦しい状況に有り、かなりの絶望感にひたる回数が増えていた。絶望感に浸っているだけでは悪い方向にしか勧めないので、これをなんとか前向きにするすべはないものかと考えた結果、カネを使わずとも金を稼ぐという夢を追えるんじゃないかという考えが出てきた。

 

それは例えばYouTubeに動画をアップしていわゆるユーチューバーを目指したり、プロブロガーのようにブログで稼ぐことを目指したりだ。世間では一握りの人しかこれで稼いでいる人はいないと言われているが、逆に言えば一握りでも稼いでいる人が存在する。と言う事は可能性はゼロではないわけだし、ゼロでなければ少ないかもしれないが自分にも可能性はある。つまり薄いかもしれないが希望を持つことができる。

 

希望というものは人を前向きにさせてくれるし、前向きになった人間はある程度のところまで突き進むことができる。仮に自分が「この道で生きていくんだ」と決めることができれば、他人の意見なんか機にすることなく突き進めることができるかもしれない。

まとめ

万が一僕にできるんだとすれば、これは誰にでもできるという証明になると思う。