読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YouTubeに動画をアップすとネタが商品紹介になりがちになる現実について

デジタル・IT

イケスムです。YouTubeに動画をアップしたりしてまして、今のところまだ続けることができてます。んで今日は、誰かに動画を見てもらいたいと思うとネタが商品紹介になりがちになってしまうという話を書いてみます。

YOU TUBEにアップするんだからそりゃ見てもらいたいよ

動画編集の勉強の一環で動画をアップするようになったんですが、PCに保存してるのと訳が違います。公開してるんだから。つまりあえて公開を選んでいるわけですが、そりゃやっぱりたくさんの人に見てもらいたい。

動画は検索結果に引っかからないとダメ

動画をYouTubeに公開しても誰かの検索結果に引っかからないと動画はないのと同じです。なもんでみんなが検索するであろうキーワードを盛り込む必要があり、要するにそれは知名度の高い何かということになります。

僕に使える知名度の高い何かとは?

一般的には商品だと思うんですね。iPhoneとかiPad Airとか、たくさんの人が検索するであろう商品。もちろんニッチな商品の方がライバルが少ないので、その意味では商品ならばなんでも使ってみた方が勉強になるんだと思います。僕の場合は、動画を作る前に作ろうとしている動画に使うキーワードで検索して見て同じような動画の数を確認したりします。ライバルが多すぎると勝てる気がしませんから、なるべく競争のないところで動画を作りたいですね。

稼ぐなんて事は今は考えてない

ユーチューバーって話になると即稼ぐにつながっちゃう傾向があるかと思いますが、今のところ稼ぐ事は考えていません。YouTubeのシステムをよく理解していませんが、僕がアップした動画には広告がないつもりです。広告があると広告の動画すごすぎて自分の動画がかなりのクソ動画に見えますから。それと、広告があったりすると見る気がなくなるんじゃないかと思うからだったりもします。

でも正直言うと稼ぎたい

ぶっちゃけるとそりゃ稼ぎたい。ただ、僕のような弱小動画アップローダーは最初は見てもらうことのみに集中した方がいいと思うんですね。動画だって全然面白くないし、なのに広告があったんじゃ見た人が「はぁ?」ッて思うだろうから。

まとめ

なるべく続けてみたいっす