読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【車離れ】年間23万円は普通に考えれば離れるよって話

政治・経済・社会

イケスムです。車があったら便利だとは思いますが、経済的な理由から手放しました。かいつまんで言うと貧乏だから車を持つことができなくなったということです。

車を持っているだけで年間23万円の内訳

 自動車というのは、所有しているだけで結構なお金がかかります。例えば車検は2年に一度ですが、ディーラーで車検を取ると小型車で平均14万ぐらいかかります。つまり年間約7万円の計算です。この他に重量税というのが小型自動車では年間約3万円ちょい。任意保険も年間3〜4万円。駐車場代は僕の住んでいる地域では月額7千円ですから年間8万4千円です。

 

これらを計算すると1年間で23万円必要になることがわかります。これは車を持っているだけでかかるであろう費用です。しかし普通は車は乗るか買うのであり、乗るとなるとガソリン代やオイル交換費用、タイヤやブレーキパッドなど消耗品の交換費用などが年間23万円の他にのしかかってきます。

若者のクルマ離れが加速するってこんな金若者のどこから引っ張るんだよ

仮にポンコツの車をただで貰ったとすれば、車の購入にかかる費用はゼロになりますから、それで計算したとしても一月だいたい2万円が車のために必要になってくる。クルマに乗るなら上にも書いたようにこの他にガソリン代とか諸々が入る。

 

若者の手取りを15万円だとして、家賃に5万円、光熱費に1万円、食費4万円で、もう既に10万円ですから給料はあと5万円しか残っていません。この5万円で友達と交際したりして残りを貯金に回すとしても、車代はなかなか出てこない。

 

車の中で重量税という税金が最も安いとされていた軽自動車でさえその税率が去年ぐらいから上げられたんじゃないかな?そういった意味ではますます車を所有するハードルが上がっているわけです。

まとめ

要するに無理だよね