読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元秘書の僕がメモをとるのに使っていたもの

イケスムです。先日テレビドラマを見ていたら速記をかじった人がメモったメモ帳の切れ端が写っていたんですが、速記とは一般的にはなにがなんだかわからないようなものを書いて読み取るものなんですね、初めて知りました。

メモで重要なものはなるべく多くの情報を短時間で記録すること

 あたりまえのことですが、メモをとるということはその後何らかの形でそのメモを使うからです。例えばメモったことを誰かに伝えるとか、自分では記憶しきれないからメモに残しておくとか、色々な目的があるかと思いますが使うということだけは代わりがありません。

 

使う時があとになればなるほど記憶が薄れていたりするのが仕事上のメモだったりします。ぶっちゃけ自分ではなにがなんだかわからないようなことだってメモをする必要がありますし、それって絵として頭のなかに浮かんでいなかったりします。映像で浮かばないものって理解できないことだったりしますから、その場合はとにかくその場で得られる情報をなるべく多く書き残したほうが後に利用価値が高まります。例えば電話を受けて、その場ではなんとなくわかったつもりで端折って記録をしていたとしても、次の日になったら「一体何のことだっけ?」みたいなことになりかねません。もう一度電話して「昨日の電話のないようなんでしたっけ?」なんてことはいえませんからね。ってことでなるべく多くの情報を残したほうがいい。ぶっちゃけ電話の録音が一番いいですね。

フリック入力iPhone

僕はiPhoneのメモアプリを使っていました。理由は、ペンで紙に書くよりも数倍は約文字がかけるからです。つまり同じ時間でペンよりも多くの文字数が書けるということで、それはより多くの情報を記録することができるということです。iPhoneよりも早いのはPCのキーボードですね。ただ、パソコンが目の前にある環境ばかりではないので、ほぼiPhoneでした。

 

ちなみにiPhoneのメモアプリで文字入力を素早くするためには、フリック入力が必要不可欠であるというのが僕の経験です。これまで色々な入力方法をケータイ端末では試してきましたが、フリック入力が最も早い。なのでフリック入力をまだ使っていない人は、試してみる価値があると思っています。

デメリットは小さいようでいて大きい

iPhoneをメモ帳代わりに使うのは、例えば写真で済むような場合は一枚写真を撮るという一瞬で情報を記録できたりメリットがたくさんあるわけですが、デメリットも存在します。んでそのデメリットとは、周囲の人達の考え方が古臭いことです。仕事中にケータイ持って遊んでいると思われるわけですね。

 

例えば会議中に沢山の人がノートやPCを出したりするわけですが、そこで僕が1人だけiPhoneでピコピコやっていると「話を聞いてください」的な目線を向けられます。僕からしてみれば「いやいや、聞いてるししかもメモを取ってるし」みたいな感じなんですが、そうは思ってくれないケースが少なくありません。僕がiPhoneをメモ代わりに利用していることを知っている上司でさえも、あまりいい顔はしていないようでした。

まとめ

確かにデメリットは小さくありません。もしかしたらそれが理由でiPhoneをメモ帳として使う人がいないのかもしれません。しかしiPhoneをメモ帳として利用することはかなり合理的な方法だと思います。仮にメモの内容を誰かに伝えるのならば、そのままそれ自体をメールできますし、いつでもほぼ100%に近い状態で持ち歩いているのでメモができないなんてことはほぼありません。

 

それと、たまにセキュリティのことなんかについて問われることがあったんですが、僕はこれ系の話になるとよくわからないので「アップルは大丈夫だと言ってます」としかいえませんでした。なもんでこれぞ漏らしちゃならぬ情報なんてのは手書きメモになったりしますが、これまでそんなものは一個もありませんでした。