ただひたすらブログ記事の数を増やした結果

イケスムです。文章を書くのは結構な好きな方でして、このブログでもそれなりに楽しんで書いています。今現在こうして書いている瞬間も同じですね、楽しい。ただ、このブログやエントリが誰にとってなんのメリットになるのか?と問われると、なんの価値もクソエントリになっていることが多々有ります。もちろん中には「お役立ち情報」見たいのを書いているつもりのエントリもあったりするんですが。

がむしゃらに記事を増やしてみた

 以前アクセス数を上げるためにいわゆる自称勝ち組系、ブログで稼いでいる系のブログに書かれていることの一つである「記事たくさん書く」ってのをやったらアクセス数がちょっと増えたよ的なエントリを書いたことが有りました。

 

ikebukuronisumu.hatenablog.com

 PVを見ると多少増えているので全く効果がないのかといえばそんなことはないと思います。なもんでやらないよりはやったほうが良いというのが今の僕の考えです。だってどんな記事がウケるかなんてわからなかったりするじゃないですか。であれば数撃ちゃ当たる先方で、撃ちまくればいずれは当たりが出るかな?と言う考え方もできますしね。

ブログで稼ごうと思ったらこの方法は良くないかもしれないと思った理由

僕はたまたまPVをちょっと増やすことに成功しているような気がしますが、ブログで稼げるレベルではありません。つまりこの方法ではブログで稼げるというレベルに到達するまでには、100年ぐらいかかりそうです。

 

やはりブログで稼いでいる人たちのブログってのは、一つ一つの記事が結構面白かったりします。そういった意味では一つの記事に時間を書けてばったり完璧なものに仕上げたほうが良いのかもしれません。週刊誌や新聞だって自分が信用しているものは金を出して買ったりするけど、それ以外は立ち読みだったりするじゃないですか。それはクソ記事の数で決まるのかもしれません。クソ記事が多かったりすると「ああこのブログ糞だな」と言うレッテルを貼られてしまうのかも。

別に毎日更新じゃなくてもいいのかも

僕はよく「毎日更新した方がいい」的な記事を見かけるんですが、ブログで稼ぐことが目的のブログであるのならばこの限りではないと思います。やはりいいものを書こうとするとそれなりに時間を使います。てことは毎日更新なんて結構無理な話だったりしますからね。何日も書けていい記事をたまにアップしたほうが、結果的にはブログ全体の評価が上がるのかもしれないなぁと。

まとめ

とまぁいろいろと書いたんですが、ブログ書いている人って全てが稼ぐために書いているわけじゃないと思うんですね。そりゃ書いている以上PVが増える、つまり沢山の人に読んでもらいたいという欲望はあるわけですが、基本的には日記というか自分のアウトプットのためだという人は少なく無いと思います。

 

ニュースを読んだ時に頭のなかで漠然と物事を考えるよりは、ブログに書くことで自分の考えていることをセンテンスとしてアウトプットするほうが、より一層考える力が鍛えられる見たいのがあると思います。

 

別に僕のブログのアクセス数がクソレベルだから悔し紛れて言ってるんじゃないよ。ではではー