2016参議院選挙は投票率が上がると思う理由

イケスムです。政治系のニュースを見ると甘利大臣のお金の問題がトップの方に出てきてTTPはどうなっちゃうんだろうかと思っている人もいるんじゃないかと思いますが、ご本人は記憶があまり無いようです。

www.nikkei.com

発売された週刊誌には衝撃的な内容が書かれていたわけですが、これはあまりさんご自身が説明責任を果たすとおっしゃっているので、ひとまずはお預けってところでしょうか。ソフト・ランディングできるといいですね。ちなみにソフトランディングの話になると出てくるのが情報の小出しだったりします。ちょっとずつちょっとずつ真実を漏らしていくことでみんなに「ひょっとしたら」と思わせておく。そこからさらに全情報を漏らして「あるんじゃね?」と思わせて最後にどーんと出すと「やっぱりね、知ってたよ」的な感じでそれほどインパクトがないという。金融緩和の出口戦略ではこの手法はよく使われている気がします。

参議院議員選挙では初有権者通常の3倍

今回の参院選から、18歳でも投票できるようになるって話ですが、これは同時に19歳の人も20歳の人にも人生初の投票券が届くってことだと思います。初めて僕に投票券が届いた時は、マジかよ僕もこの国の未来を決めることができるのかとちょっと感動したのを覚えています。

勉強の意味も込めてとりあえず投票してみる

当時の僕は今の若い人たちと違って政治の事なんて全然考えていなかったカスでした。なので投票券が届いても誰に投票すれば政界7日がわからず、両親に聞いたりしていました。

 

両親からは、自分で考えて自分で投票しろとしか言われなかったんですが、当時はインターネットなんてなかった時代なので投票所の前に行って候補者のポスターを見て、一番真面目そうに見える人に投票したのを記憶しています。

 

こんな感じで一番最初に投票券が届いた時ってなんとなく投票して見るひとが多いと思うんですね。今回の参院選では、人生初の投票のひとが通常の3倍いるのと同じ効果があると思います。18歳、19歳、20歳が初めてですね。なので通常よりも投票率が上がるんじゃね?と思ったりしています。