読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上がり続ける公務員の給料から消費増税10%を予想する

政治・経済・社会

ラバーマスク M2 たのむぞ阿部総理

広告

 

イケスムです。公務員の給料が上がっているようです。羨ましいですね。株価は大暴落だし、財政危機を理由に消費税が8%になり、2017年には消費税が10%まで増税されることが決定しているのに。ガチで財政危機なの?と疑いたくなるほど公務員の給料が上がり続けています。

財政危機なのに公務員の給料が上がる理由は?

 これって考えるまでもありませんが、税収が絶好調なんだと思います。なぜならば公務員の給料は僕らが収める税金から支払われるわけでして、仮に他で足りないほど切羽詰っているのならば、それら緊急事態を放置して公務員の給料をいち早く上げる必要はありません。

 

簡単に言うと政府の言う財政危機ってのは今現在では存在しないんだと思います。これについては最初から存在しなかったのか、それともいきなり絶好調になったのかは不明。ただ、公務員の給料が上がり続けているという事実から見て取れるのは、財政が健全化されている証なんだと思います。でなければ、公務員の所得を上げるとは思えません。「財政ヤバいぜ、もう消費税を10%に上げるしかない。でも公務員の給料もあげちゃおう。税金を使うことになるけど良いよね」ってことにはならないと思う。

2017年の消費増税10%はあるのか?

株価が下がっているだけでなく、いわゆるデフレっぽくなってきています。この状況だけでも消費税増税の可能性は低いんじゃないかなというのが僕の予想です。しかも連続で公務員の給料が上がり続けている。それも大幅に。これは財政危機はとりあえずないと考えると、デフレ下の状況でわざわざ消費税を10%に上げる必要はないんじゃね?ってことになるんじゃないかなと思っています。

まとめ

最近僕の予想は外れまくりですが、今回は答えがわかるまで約1年かかるのでちょっと楽しみデスね。

 

【安倍首相登場!】歴代首相似顔絵湯呑

【安倍首相登場!】歴代首相似顔絵湯呑

 

 

 

「若者奴隷」時代 “若肉老食(パラサイトシルバー)”社会の到来 (晋遊舎ムック)