読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイナス金利が機能しなければ消費税10%はなし?

政治・経済・社会

 

イケスムです。僕は2017年に消費税率を10%に増税するのは得策ではないと現時点では考えています。理由は、消費税が景気を圧迫する可能性が高いことを8%になった時に感じたからです。消費税が5%の時に議論されていた、最初は8%、次に10%という話では、ぼくは「そんなに気にすることないでしょ」的にあまり気にしていませんでした。それは105円が110円になるだけで、5円しか変わらないと思っていたからです。しかも最初は8%ですから、108円になるだけで3円しか変わらない。食費にひと月4万円使うとしたら、42,000円が43,200円になるだけで、その差額は1,200円。財政危機ならばしょうがないよねで済むレベルかなと思っていました。

 

ところが実際は消費税が3%上がっただけで消費はかなり圧迫されているという話を聞きます。特に大きな買物をするときは「高いな!」と感じますね。10万円のパソコンを買うと、レジで108,000円になり、8,000円が追加されるわけです。でも僕が最も以前と違いを感じる部分は、店で売っている商品に貼られている値札に消費税が含まれていないことです。これによって「消費税を収めている感満載」と言う効果があると思います。きっとそれで高く感じるんでしょうね。

 

先日某コジ電気店に冷蔵庫を買いに行きました。その店では49,800円の値札がついてたんですが、Y電気では41,000円だったことを伝え、それ以下になりますかと聞いたところ40,980円に。ところがそれは税抜きだったんですね。買う直前でそれに気付いた僕は、当然買いませんでした。税金分だけY電気よりも高いことになるからです。この時も消費税の存在感を思い知らされました。

 

とまぁいろいろな理由があって消費税8%はきついよね的なマインドが国内に広がっているんだと思います。なので軽減税率の話が出てきたんだと思います。軽減税率についても様々な意見はあるようですが。

yukan-news.ameba.jp

 

僕は軽減税率以前に消費税10%増税はまた延期になるんじゃないかと思っています。その理由は、公務員の給料が上がりまくっているからです。公務員の給料が上がりまくっているのは税収が絶好調である証だと思います。であるとすれば、景気を圧迫する可能性のある消費増税をこのタイミングで実行する必要はないんじゃないかと思いますが、さてさてどうなることやら。

 

日本人がだまされ続けている税金のカラクリ

日本人がだまされ続けている税金のカラクリ