読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

売れないが本当ならその証拠に◯◯が変化するはず

政治・経済・社会

イケスムです。iPhoneスマホなどケータイの実質ゼロ円販売見たいのが禁止になったのかなんなのかよくわかりませんが、要するに今はもう実質ゼロ円ケータイってのは消えちゃった感じになっているようです。

headlines.yahoo.co.jp

んでまぁ実質ゼロんじゃないから客が減るんじゃね?的なことが以前から言われていたんですが、実際に実質ゼロ円ケータイが消えた今どうなっているのか?それは報道を見る限りでは「客がめちゃんこ減った」的な意見が多いようです。実質ゼロ円は医師に伴う駆け込み需要の反動なのかガチで減ったのかは今後ある方法で判別することが可能かと思います

ケータイが売れなくなると変わることとは?

結論から言うと売り場が変わります。今、大手量販店はケータイを店舗の一番目立つ場所においてたりします。例えば1階とか。悪くても2階。入ってすぐの場所にケータイコーナーがドーンと有りまして、連日のように店員さんが声をかけまくっている状態です。僕はiPhone6なんですが、ちょっとでもiPhone6sなどをいじろうものならば、すっと店員さんが気て「液晶がとっても綺麗ですよねー、今お使いの機種はなんですか?」と話しかけてきます。

 

要するに店でも売れ筋商品、儲かる商品だったわけですが、実質ゼロ円がなくなって客が減ったというのが本当であるのならば、今後はケータイ売り場が奥の方に引っ込む可能性があります。なぜならばもっと売れ筋商品をお客の目につきやすいところにおいたほうが良いからです。数年前に地デジが人気だった頃はテレビが一番目のつくとろこに有りましたが今は奥に引っ込んでいますね。あんな感じになるのかな?