読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目標達成できない原因と悶々している理由

ライフハック 考えてみた

イケスムです。幸せかと聞かれたら、正直なんと答えれば良いのかわかりません。自分よりも不幸なひとは世の中に沢山いて、そこと比較すれば自分は確実に幸せであると思いますが、きっとこのような考え方は間違っているんじゃないかと思います。

 

間違っていると思う理由

a 今この瞬間どう感じるかが大切だから

b 幸福度は主観的なものであり他人と比較するものではないから

c 人間は未来を想像することができ、それによって幸福度が変わるから

 

a,b,cであるとして、そう考えると自分が幸せであるか否かについて他人は一切関係なくなります。僕はこのエントリを書いている今この瞬間も脳内が悶々としていて幸せなのかどうかはわかりません。しかしながらわからないと考えること自体を幸せでないからだと考えれば、不幸ではないにせよ幸せではないことになります。

 

ではどうしたら幸せになるのか?を考えてみると、自分がやりたいと思っていることを成し遂げることができれば、それは自分にとって幸せであると断言できます。やりたいこととは今現在出来ていないことであり、それを欲しているからこそやりたいと思っている。なのでそれを成し遂げること、つまりその目標を達成することができれば、僕は幸せになることができるであろうと今の僕は信じています。

 

そうであるとすればその目標に向かって突き進み、目標を達成すべきであるというのが今僕がやるべきことです。しかし目標というものは常に余裕でできるものではなく、できそうではあるがちょっと無理じゃね?と思うようなものが目標だったりするわけですね。なので目標達成は意外とハードルが高かったりする。これは殆どの人が経験があると思います。

 

ではなぜ目標が達成できないのか?を考えてみました。

a そもそも目標設定はするが行動に移すことができない

b とりあえず行動してみた結果、想像以上に難しいことに気づき行き詰まる

c 行動は続けているが目標に近づいている感じがしない

 

aに関しては一般的によく言われていることでして、例えば0〜10までが目標へのステップだとしたら0〜1に進むのが一番難しいと。つまり始めるまでが最も難しく、1〜10まではあっという間だよ的なお話ですね。確かに行動に移すことは難しく、一旦行動に移せばあとはそれなりできちゃうものなのでこの話には一理あると思いますが、これは目標の30点狙った場合。限りなく目標に近い100点付近を狙う場合は、この話のようにはいきません。なぜならばb(とりあえず行動してみた結果、想像以上に難しいことに気づき行き詰まる)が現れるからです。

 

目標を設定する段階で漠然と成功は見えていたりしますが、実際やってみると想像している以上に困難であることに気づいてしまいます。この段階でこれまで何度もやめてきました。ブログに例えるならば「ブログで稼ごう」と決めてブログで稼いでいるひとのブログを沢山読み漁って勉強してみた結果、成功への道が一瞬見えたんだけど実際に始めてみたら全然アクセス数がクソでやる気無くしたみたいな感じです。

 

何度も挫折を繰り返していると、このような状態は想定内になるわけですね。なのでブログで例えるならば、はじめからアクセス数など考えていなかったりするわけです。と言っても全く考えていないわけではありません。「ブログで稼ぐ」ことが目標なわけですから、アクセス数は絶対に必要です。最初の段階ではアクセス数を意識しないようにしているだけです。こうすることで続けることができるからですね。

 

しかし程なく続けていると今度はc(行動は続けているが目標に近づいている感じがしない)が出てきます。ブログで例えるならば、アクセス数は意識せずとにかく無我夢中で継続してきた結果、少しずつアクセス数は確実に伸びているが、目標までは程遠いのでこのまま行けば目標達成まで100年以上かかるだろう的な計算が成り立ち、気が遠くなってやめてしまうパターンです。

 

最近の僕はいつもこのcの段階で辞めます。なのでこの先を知りません。この先を突き進めばもっと違った世界が見えるのか、または同じことの繰り返しなのかすらわかりません。

 

そんなクソのような人生を歩んでいる僕ですが、最近ちょっと面白い記事を発見しました。それは僕が知っているようでひょっとしたらやっていなかったことを実践した結果、成功を収めたという人の話です。そしてその方法とは模倣です。つまり成功者の真似をすることで自身も成功するという方法です。ね、なんかどっかで聞いたことがあるような話でしょ。

 

ありふれたような話ならなんでこんなところに書いているんだと思う人もいるかもしれませんが、これがちょっと違う。つまりありふれてないんです。どういうことかというと、僕がこの記事を読んだ限りでは、成功者の完コピをしろと言っているんだと思います。ブログで例えるならばあの有名ブロガーのブログを完コピする、みたいな話です。日本では法律違反になると思いますからこれはできないと思いますが。流石に他人のブログの完コピはできませんが、その記事の言っていることはそういうことでして、それが目標を達成させるための一つの方法であると僕は思いました。

 

さてここからが僕の知らない世界なんですが、仮にブログで稼ごうと言うのが目標であるとして、その記事のように完コピをしてしまったら法的に見てアウトの場合、どうすれば良いのか?と考えると、この法則には使える場合と使えない場合があるんだと思います。例えばA地点からB店に移動するための最も最短のルートは空をとぶことですね。渋滞もないし何より距離が一番最短ですから。最短で行くことを目標であるとして、それを成功させた人がいて、その真似をしても何ら法的に問題はない。使えます。

 

このエントリで例題として取り上げた「ブログで稼ぐ」に完コピは使えないが「A地点からB地点まで最短で移動する」には使えるといった感じの悶々とした結論に終わりました。誰かいい方法知ってますか?