読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットで稼ぐのは簡単ではないが不可能ではないと言う話

イケスムです。んでまぁ先程からずーっと色々なブログを見ておりました。どんなブログかというと、いかにしてネットで稼いでいるのかが具体的、かつおもしろく書いてあるブログですね。

 

ここで言うところのネットで稼ぐとは、基本的にブログのことなんですが、もちろんそれだけではありません。例えばYouTubeに動画をアップロードしてお金を稼いでいる方もいらっしゃいましたし、ちょっとしたライターのような仕事を請け負って金を稼いでいる方もいらっしゃいました。とは言え、基本的にはパソコン一台でできることに注目していたわけでして、その意味では文章を書いて金を稼ぐことばかりに目が行ってました

 

色々なブログを読み漁ってみた結果の感想は、ネットでお金を稼ぐのはけっこう大変なんだなということです。と同時に、やる気になれば稼げることは稼げるんだなということがわかりました。

 

ブログをやっていてアフィなど何らかの方法で収益を得る事をやっている方ならばわかると思いますが、全く稼げないってことはないと思います。例えば月の収入が500円だったとしたらブログを100個作れば単純計算で5万になります。そんなことも書かれていました。大変そうですよね?でもロジックはわかりますよね。これが、簡単ではないが不可能ではないんだなと思った理由です。

 

上にも書きましたが、基本的にパソコン1台あればできることに注目していたので、その意味では文章で食ってる系の人のブログばかり見ていました。そこで感じたことは、やはり文章を書くのがうまいということです。

 

これはブログをいくつもやっている方ではなくて一つのブログだけを大切に育て上げている方のブログの話ですが、その方はそのブログの収入がいろいろなネット上の仕事の中で一番稼げると書いてましたね。いわゆる1記事数百円程度の仕事を受けることはあるけど、そういった仕事は月に1万円を稼ぐのがやっとであるとも書いてありました。つまりそのブログでは1万円以上は稼いでいるんだろうなと思いました。

 

その方のブログの中で面白かったのが、タイトルの付け方の話です。すごく戦略的にタイトルを考えていることが書かれていました。自分の書いた記事は誰が読む記事なのか?そういう人はどんなキーワードで検索をするのか?そのキーワードで検索するとどんな記事が出てきて、自分のブログは何番目に表示されるのか?だとしたら絞り込むためにもう一つキーワードを加えるべきではないのか?などなどです。

 

その方のブログを読んでいる中で、他のブログを参考にしているといったことは確認できなかったのですが、一般的なブログとは・・・みたいな感じで書かれていたので、かなりたくさんのブログを調べあげた上で自身のブログを作り上げているんだろうなという印象を受けましたね。

 

そしてこれこそがもっとも重要なポイントだと思ったのが、貪欲に金を稼ぐことに執着しているところです。つまりある意味結果にコミットしているんだと思います。その意味では、手段は選ばないといった感じでして、おそらくブログであろうがライターであろうがYouTubeであろうが稼げればやるぞいう気迫を感じました。ブログで稼げたらラッキーだよねーなどとゆるい感じではなく、絶対に稼ぐんだという意志が見えました。

 

ネットで金を稼ぐことを一度でも考えたことがある方ならわかるかと思いますが、そこにはいろいろな仕事が存在します。しかもネットですから、その仕事内容などはく小宮ブログなどである程度確認もできる。そこまで調べあげても、どこか心のなかでブレーキを踏んじゃう時ってあると思います。僕はそっち系です、ブレーキを踏みまくります。なので絶対に稼ぐんだというその決意というのは大切なんだなと思いました。

 

ちなみにお金を稼ぐ話になると批判してくる貧乏人がいると思いますが、決意があればこそそんな批判にも立ち向かっていけるんだと思います。僕はおとなになってお金を全く稼がない人を見たことがありません。僕の友人も周りの人間も、何らかのことをしてお金を稼いでいます。その人たちのことを金の亡者であると思ったことは一度もありません。それは野球だけをしてきてお金を稼いでいるプロ野球の選手に対しても同じです。