今のiPhoneSEは売れないかもしれないがSEと言う流れは悪く無いと思うって話

イケスムです。iPhone6を使っています。iPhone5からの機種変だったんですが、買った当初はサイズの大きさに戸惑いました。具体的には、フリック入力がやりづらくなり、ポケットへの出し入れがしづらくなりました。大きくなったことで片手操作がしづらいという意見もあるようですが、iPhone5の時から既に片手操作がしづらかったのでその部分についてはあまり違和感はありません。

 

ところでここ数ヶ月間噂になっていたiPhoneSEがガチでうわさ通りのデザインで発表となり驚いています。最近のAppleの発表にはインパクトがなくなりました。噂がガチでヒットしていることが少なくないので、もうゴシップではなくなっているのかもしれません。どっかから漏れてんだべ。

 

そんなiPhoneSEがやはりアップル製品なんだなと思う理由は、たくさんの方が新しいiPhoneSEについて書いているからです。それだけ注目されているという証なんだと思います。もう一つ言えばこの時期の記事でタイトルに「iPhone」が含まれているとアクセス数が上がるという傾向があるのかもしれませんね。アクセス数が収入に結びつく場合は、自然とアクセス数を稼ぐネタを拾いたくなるのが人情だと思います。

 

いろいろな御託を並べて本題に入るまでが長くなりましたが、僕はこのSEと言うラインナップが今後も続くのであれば悪い傾向ではないと思います。なぜならばSEは現行モデルと同等の性能(CPUの性能)を持っているが安いという商品であるのならば、やはり貧乏人にとっては引かれるものがあります。

 

ケータイ電話は外に持っていくものなので、その意味ではアクセサリー感覚で無理して高いものを選ぶという意見があるのはわかります。以前何かのブログで、娘にアンドロイドケータイを買ってやったら泣かれたというのを読んだことがあります。つまり泣くほどケータイのデザインは重要ということなんだと思います。

 

しかしマーケットはそこだけではないと思うんですね。少なくとも僕はiPhoneSEに少なからず魅力を感じています。その理由の一つは、iPhoneなのに安いということです。僕がiPhoneに拘る理由はデザインではなく、その扱いやすさからです。ぶっちゃけiPhoneと同じだけ簡単であるならば、Androidでなんの問題もありません。しかし実際には、Androidだとメーカーに寄って多少使い方が異なるとか、色々とハードルが高かったりします。つまり簡単に使える安いスマホと言う意味では、iPhoneSEは魅力的に見えるということです。

 

発表されたiPhoneSEですが、僕はもちろん買いません。あんなもん買うわけがない。ドル計算と円計算の値段のギャップが大きすぎるし、今使っているのがiPhone6だからです。しかし今後もこのSEの流れが続くのであれば、次のiPhoneSEは今僕が使っているiPhone6sがそれに抜擢される可能性が高い。こうなるとiPhone6を使っている僕にとっては新しい商品となり、しかも安い。とても魅力的です。確かにダサいデザインのケータイは嫌ですが、今使っている商品と同じデザインなので違和感はありません。

 

そしてこの流れが永遠と続くのであれば、今後僕は必ずSEを選択するようになる。それが現行のiPhoneよりも一歩遅れている商品だとしても。たった一歩しか送れていない商品が安く買えるだから