読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

消費税増税報道否定=安倍総理大臣

政治・経済・社会

イケスムです。朝霞で行方不明になっていた女子中学生が無事に発見保護されたとの報道が大きな話題となっているようです。命に別状がななく本当に良かったですよね。報道によれば少女は2年以上も監禁されている状態だったとのこと。すごく可愛そうですよね。中学生時代の2年間てすごく長いです。

 

ところで今朝は、少女監禁事件の犯人が逮捕されたとのことで、朝から犯人の顔写真がニュースのトップにドーンと貼り付けある状態でした。ツイッターのタイムラインには犯人に関する情報が次から次へと流れ出てくる状態でして、こちらから検索しなくても事件の流れがわかるほどです。それだけ世間の関心が強かった事件だったことが伺えます。

 

この事件にかき消されてしまいそうではありましたが、安倍総理大臣が10%への消費増税延期を決断したとの報道を発見。リーマンショック級の経済危機は訪れていないように見えるのですが、ひょっとすると今の状況は見る人が見ればリーマンショック級の経済危機になっている状態なのかな?と少々不安を感じた人も少なくないと思います。

www.sankei.com

この段階で衆参ダブル選挙は、ほぼ確定したようなものかなと思っておりましたが、午後になると一変します。安倍総理大臣が消費税増税延期をスパっと否定しているとの報道が流れたからです。

www.jiji.com

 

あとから出た報道は、以前安倍総理大臣がおっしゃっていたリーマン・ショック並みの出来事がなければ消費税は10%へ引き上げるという考えに沿っています。しかしながら火のないところに煙は立たぬと言いまして、総理大臣が10%への引き上げを延期するという報道が出た原因はどこかにあるんじゃないかと考えられます。

 

前回の衆議院解散の理由が、消費増税の延期でした。従って今回仮に消費増税を延期するとなれば、同じ理由で衆議院が解散される可能性は高いと考えられます。そして今年は参議院選挙の年ですから、いわゆる衆参ダブル選挙が実現するという話につながっていきそうです。

 

安倍総理大臣が消費増税延期を決断したとの情報のソースはわかりませんが、かりに永田町の何処かから出た話であるとすれば、衆議院の解散を望んでいる人がいるという可能性も否定できなくなります。永田町では一度解散風が吹くと止まらないなんて話があったりしますが、今回のこの風はどんな風なのでしょうか。

 

来月には保線が行われるということなので、一般論で言えばこの帆船の結果を見てから選挙をするかしないかを決めるんじゃないかなと思ったりしています。