舛添都知事の政治資金疑惑→返金→終了

イケスムです。いい天気ですね。平和なときは、報道機関などはいったいどんなニュースを報道するのでしょうか?NEWS、つまり新しいことですから、僕達の知らなかったことを報道するわけですね。知っていることを報道されても「そんなもん知ってるよ、さっきネットで見たし」でチャンネルを変えてしまう。

 

ところ本日最も目につくNEWSといえば、ベッキーがテレビ番組に復帰する件と舛添要一都知事の政治資金疑惑で舛添都知事がどのようにこの問題を着地させようとしているのかについてだと思います。ベッキーは法人ではありませんので、見たい人は見て、見たくない人は見ないといった感じになりますが、舛添都知事は政治家です。政治家は、我々国民の税金をどう使うのか?が仕事です。そういった意味では自分のために使っていたとなれば金額に問わずとても大きな問題となるケースがありますし、税金を収めている国民としては、とても気になるニュースであることには間違いありません。

 

んで今回舛添都知事は政治資金に関する疑惑が持たれているようでして、豪華なスイートルーム宿泊や飛行機のファーストクラスは既に古い話になっています。疑惑ですから「実際のところはどうなんですか?」とご本人に伺ったほうが早いってことでマスコミが僕ら国民の代わりとなって聞いてくれているわけですね。ただ、舛添都知事は「精査してから返事する」ということなので、答えが出ていない状態で疑惑が今のところ貼れないのでズルズルと問題引きずっているのが今の状態なんだと思います。

 

東京を変える、日本が変わる

東京を変える、日本が変わる

 

 

そうですか、精査してから教えてもらえるんですね。

 

んでまぁいろいろな記事を読み漁ってみると、結局のところ返金して終了ってパターンになるんじゃね?ってことらしいです。返せば無かったことになっちゃうっては知らなかったので驚いたんですが、某サイトでインタビューを受けた弁護士が総予想しているようです。

 

ってことでまとめると、今回大騒動になった舛添都知事の政治資金疑惑は、返金すれば済む程度のちょろい問題だったということです。僕はもっと大きな問題なのかと勘違いしていたんですが、法律的に見るとそんなことはなかったようですね。