読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仮に地震予測が当たるとしてその対策は?

イケスムです。舛添都知事に政党交付金400万円ネコババ疑惑が出ているようでして、すんごい大変なことであると驚いております。都民の生命と財産を守る都知事がこんなことをするわけがないので、舛添都知事には一刻も早くこの疑惑を晴らしていただきたいと思っております。まるで「次の都知事候補」を狙っているかのように、現職の舛添都知事を批判して自信の株を釣り上げている人達が既に出てきておりますしね。

 

ところ熊本で発生した震度7地震は、予測されていたとされる説はネット上でかなり有名な話です。予測したのは未来人なのかはたまた別の方なのかは、膨大な情報の埋もれるインターネットのことだし、何を信じるかは人それぞれに違うのでわかりませんが。ただ一般的に信じるためにはその根拠が必要でして、例えばその根拠が「仕組みはわからんけど過去に2度もピンポイントで当てたことがあるから」だったり、「予想の仕組みが科学的っぽいから」だったりもこれま人それぞれ。公式の発表では、地震予測なんてできないと言われているぐらいですしね。

 

そうは言われていても「火のないところに煙は立たぬ」と言う言葉もある通り、僕が自身の予想をしても誰ひとりとして信じるものはいませんが、ある特定の人が予測をすると一定数以上の人がその情報を信じるという事実があるわけです。つまり信じるに値する何かしらの根拠がそこに存在するわけです。

 

僕は地震を研究したこともないし知識は全くありません。TVで見たことがある情報を元に「なるほど、そんな仕組みで地震が発生しているのか」と言う程度です。従ってどの情報が正しくてどの情報が間違っているという判断ができないわけですが、最近関東地方で発生した地震の影響で警報がなったことをきっかけに、Twitterなどでそれに関するゴシップネタや様々な情報をもらうと見たくなってしまうのは、その仕組を知りたいという好奇心があるからなんだと思います。

 

んで色々と見ていると、熊本の地震は数年前から注意を呼びかけていたと言う人が出てくるわけでして、その方がどのように地震を予測しているのか?を調べてみると、少し納得できたりする反面、地震の仕組みをテレビで見た程度しか知らないので完全に信じることができなかったりもするわけです。

 

こういった状況の中で、仮に自分の住んでいる地域で大きな地震が発生する確率が高いという予測が出たら、僕はどうするんだろうと思ったりしました。ピンポイントで何区の◯◯と出るわけではないようです。大雑把に都内とか、首都圏だとか、そんな感じで予測が出るんだと思います。ここで「ヤバい逃げよう」となると、それはある意味仕事を失うこちになります。その場から遠く離れる必要があるからです。

 

こういったことを考えると、あまり現実的ではないなと思うわけです。ただ、地震予測が無駄なのかといえばそんな事はありません。危険な目に遭う確率を下げることは可能だと思うからです。なんとなく電車にのるのは避けるとか、なんとなくビルの近くに行くのはやめるとか、いわゆる地震が発生したらどんなところが危険なのかを常に意識するようになると思うからです。

 

水や食料をちょっと多めに買っておくとか、自分にできることってそれぐらいかな?同じように考えたことありますか?