読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今このタイミングで買う車とは?

ライフハック 政治・経済・社会

イケスムです。三菱自に続いてスズキの燃費測定改ざんニュースという残念な報道が相次いでおります。あまり詳しく報道内容を読んだわけではありませんが、両社ともに国内で販売するための車の燃費測定に問題があり、海外に輸出するためのものには何ら問題がないように見えます。何か理由があるがあるんですかね?

 

そんなわけで車のことを考えていたら「もし僕が今このタイミングで車を買うならどんな車を選ぶのだろうか?」と考えてみたくなったので考えてみました。結論から言うと、今年発売されたモデルがいいですね。車は、そのメーカーに寄っても違うと思いますが、おおよそ新モデルが出てから4年以上同じような形で販売され続けます。逆に言うと、新車を買ったとしても4年以上前のデザイン、技術、とも言えるワケすね。

 

例えば、僕が買えるであろう200万円以下のコンパクトカーという種類の車を見てみます。FITはコンパクトカーの中でもHYBRIDがあったりリコールが何度もあったりと有名ですが、いわゆる衝突回避のための自動ブレーキシステムが30キロ以下でしか作動しなかったり、人間を感知できなかったりするわけですね。

 

今回燃費測定で一躍有名企業となったスズキが発売しているイグニスは、価格面ではFITと競合であると考えられます。こちらは今年になって発売された車でして、自動ブレーキは時速100キロまで機能するのでかなり実用的です。人間も感知するし、車線のはみ出し防止などいろいろない機能が付いているようです(細かいことは自分で勝手に調べてください)。

 

この2車種を比べると、あとから発売された車のほうが圧倒的に進んだ技術が使われているように見えます。細かいことを言えば、バックモニターもスズキのイグニスにはまるで車を上から見下ろしたかのような映像が見れたりもするわけです。

 

こういったことを考えると、なるべく新しい技術という安全装置が欲しければ、あとから出た方を買ったほうが良いのかなと。なのでできることなら「今年発売になった車」を買うほうが良いんじゃないかという結論に至りました。

 

因みに200万円以下というのが絶対条件だったので、それ以上の車は最初から排除しています。でもどうせ買わないんだけどね。愛車は自転車。