おっさんレンタルの簡易版?おっさんSkype

 イケスムです。iPhoneのニュースアプリでいつもどおり暇つぶしをしておりましたら、おっさんレンタルというビジネスをしている人と、おっさんレンタルを実際に利用してみた女性の話がありました。レンタルニートとかいろいろな商売があったりしますが、そこで僕もなにか商売を発明できないものかと3分ほど真剣に考えてみた結果、おっさんSkypeというものをひらめきました。

おっさんSkypeとは

読んで字のごとくおっさんとスカイプ通話するサービスです。料金は1時間500円ぐらい。夢の在宅勤務です。おっさんLINEでも良いのですが、LINEだと基本的にiPhoneで通話することになると思います。もちろんSkypeiPhoneで通話は可能だったりしますが、なんとなくLINEはちょっと仲の良い人と繋がるという古臭い感じがあるので、自由度の高いSkypeに。しかもSkypeなら世界中の人が使っていると思うので、マーケットは全世界ということになり、何となく凄そうな感じになりますし。

 

 

 

Skypeで通話するだけで500円はボッタじゃね?

ボッタじゃねーし!だって色々なブログを読んでみて分かったんですが、ただひたすら人と話がしたいだけの人っているみたいなんですよ。それに対して1時間で500円の倍の1000円を払うことも厭わない。会話をするだけならばSkypeでも可能ですし、実際に会わなくてもいいというメリットもあります。会うという行為は、何となくだるかったりとハードルが高い場合もあると思うんですね。Skypeならば自宅で気が向いた時に会話を開始することができます。

決済方法は?

ココらへんはまだ詰めていないんですが、銀行振込が一番現実的なんじゃないかと。ただ、500円を振り込むために振込手数料が発生する場合も考えられるので、そこら辺は消費者心理としてはハードルが上がりそうです。

このビジネスモデルの強みは?

そりゃやっぱ気が向いた時にどこでも開始できることですね。SkypeiPhoneでも通話が可能ですから、ぶっちゃけ1時間のウォーキング中に誰かと話したいと思えば500円で会話ができます。つまりそれぐらい気楽に利用できるところがポイントです。

 

おっさんSkypeですから読んで字のごとく通話相手はおっさんとなります。若くてピチピチしたイケメンにはひたすら負けますが、若者にはないであろう古臭い知識を沢山持っているのもおっさんの特徴です。なので逆にそこをメリットと考えてくれるのであれば500円は高くないんじゃないかと。